2017年03月

2017年03月31日

2本のギターが合体して1本になったような多弦ギターを駆使して流麗なメロディやアグレッシブな演奏をするFelix Martinの使用ギターを本人が紹介する動画がGEAR GODSで公開されていました。

https://www.youtube.com/watch?v=7c3_pNjOEUo RIGGED: Felix Martin's 14/15/16 string guitars! | GEAR GODS

2017555
Laplante Guitarsによる7弦×2の14弦ギターでスケールは25.5インチ
演奏している動画
https://www.youtube.com/watch?v=AjEm0ApRYXA Gangster Prog - Malandro - Felix Martin

2017778
同じくLaplante Guitarsによるホロウボディの8弦と6弦の14弦。スケールは25.5インチ
演奏している動画
https://www.youtube.com/watch?v=6bCag3n_gTg Felix Martin - Robot Devil (TEOT)

2017527
Jim Ellsberryによるセミホロウボディの8弦と6弦の14弦。スケールは26.5インチ
演奏している動画は探してみましたが見つからず・・・。

2017759
Bob Masonによる7弦×2の14弦。25.5インチでピエゾピックアップ搭載。
演奏している動画
https://www.youtube.com/watch?v=xPKueWwmlkkEleven Drums - Felix Martin (Ft. Marco Minnemann)

2017041
Laplante Guitarsによる9弦と7弦の16弦。スケールは27インチ
演奏している動画
https://www.youtube.com/watch?v=bWVULw2R7_U Felix Martin - BOM (Guitar World Premiere)

2017301
Skervesen Guitarsによる8弦×2の16弦ヘッドレス。スケールはそれぞれ27~25.5インチのマルチスケール
演奏している動画
https://www.youtube.com/watch?v=X9OY3jmCHcE Warm up Practice Session - Felix Martin (Ferrana)

https://www.youtube.com/watch?v=oroUT11dYAU Felix Martin - Cosmo Basket (Guitar Playthrough)

どのギターも凄いとしか言い様がありませんがそれを操るのも凄いの一言!

これらのギターについてもっと詳しく知りたい方はFelix Martinの公式サイトのGUITARS https://www.felixmartin.net/guitars で知る事ができます。あとBUILDING THE MASCHINE https://www.felixmartin.net/building-the-machines では製作の様子の写真も見る事ができます。

あと最新音源Mechanical Nationsも公式サイトhttps://www.felixmartin.net/ から購入する事ができますし

Bandcamp https://felixmartinmusic.bandcamp.com/releases
Amazon(DL販売) https://www.amazon.co.jp/Mechanical-Nations-Felix-Martin/dp/B01N12VSG3/

等でも購入可能です。

さらにYouTubeの公式チャンネル https://www.youtube.com/user/felixmartine/videos では多數の演奏動画を公開しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月28日

9弦ギターを操るJoshua Travisが加入したEmmureの新譜「Look at Yourself」がYouTubeで全曲公式で配信されている事を知ったので紹介。何曲か9弦ギターを使っているであろう重低音が効いた曲もあるので興味がある人は聴いてみてはいかがでしょうか。

プレイリスト形式になっているので1曲目から全曲聴く事ができます。
https://www.youtube.com/watch?v=Ov6sp70Ryrw&list=PLJxBI2gsMSiMTPt7SE6h9p-JKdvYiWvKR

MVで9弦ギターを弾いている姿を確認できるのはSmokeyという曲
https://www.youtube.com/watch?v=sBRQIIrXKlc&list=PLJxBI2gsMSiMTPt7SE6h9p-JKdvYiWvKR&index=3
2017-03-04 14-05-03-856

Ice Man Confessionsという曲もLow-A(5弦ベースのLow-Bの一音下と同じ)が確認できるのでおそらく9弦を使っていると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=ARi7J2mwTew&index=6&list=PLJxBI2gsMSiMTPt7SE6h9p-JKdvYiWvKR

他にもありそうですがまだ各曲のチューニングを確認できてないのでこの辺にしておきますがどの曲のギターも強烈なリフと重低音サウンドなので必聴です。あと特筆すべきはベース。ギターがこれだけの低音を出しておきながらもベースがしっかり聴こえているのでそれぞれの音作りとミックスの参考になりそうです。

参考になるといってもLow-A(9弦レギュラーC#の二音下げ)ってなかなか使う機会は無さそうですけど・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月25日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/mark_holcomb_alpha_omega.html
↑今月の初めに紹介したAlphaとOmegaが日本でも登場しました。 入荷は6弦用が4月下旬の予定で7弦、8弦用は受注生産品との事。


代理店のESPの製品ページ
http://www.espguitars.co.jp/seymourduncan/pickup/humbucker/alpha&omega.html

6弦用
508366_main_m_201703241750
ALPHA-6 Neck(フロント用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508366

OMEGA-6 Bridge(リア用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508364

OMEGA-TB Bridge(リア用トレムバッカー)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508365

価格はそれぞれ税込み14,094円となっています。

7弦用(受注生産品)
508368_main_m_201703241753
ALPHA-7 Neck(フロント用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508367

OMEGA-7 Bridge(リア用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508368

価格はそれぞれ税込み15,552円。

8弦用(受注生産品)
508369_main_m_201703241755
ALPHA-8 Neck(フロント用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508369

OMEGA-8 Bridge(リア用)
http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/508370

価格はそれぞれ税込み16,524円。

ダンカンの6弦用とすると少し高めの価格ですが7弦、8弦用はそれほど価格差は無いので多弦用はお手頃価格なのではないでしょうか。ただ受注生産品なので手に入れるまで時間が掛かって大変かもしれません。ショップ側が予めオーダーして在庫品としていつでも購入できるようにしてくれると良いんですけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

Seymour Duncan OMEGA-8 Bridge [8-Strings] 【受注生産品】
Seymour Duncan OMEGA-8 Bridge [8-Strings] 【受注生産品】



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日

という事で記事篇です。

4910088370475-549x680

まずはジョン・サイクス先生特集ですがやはり17年ぶりにヤングギターに登場という事で気合が入っているようでかなりのページ数があります。内容はというとインタビューでは雲隠れしていた時期は何があったのかという事でしたが友人の死や事故での骨折等色々大変だったようで音楽から離れるというのも分かる気がします。それ以外では過去の事を振り返ったりしています。今後はアルバムを出す予定のようなので今後の活動がどうなるか楽しみです。インタビュー以外では愛用のギター、アンプの紹介、ディスコグラフィと簡単な活動歴の紹介、奏法特集ではこれぞというフレーズをTAB譜と共に解説しています。そしてスコアのコーナーではホワイトスネイクの「Give Me All Your Love」とブルーマーダーの「Riot」が掲載されています。

そして個人的に一番興味を持ったのがやはりAnimals As Leadersの特集。ようやくヤングギターも彼らに追いついたのか5ページの特集が組まれています。インタビューでは去年発売した「THEMADNESS OF MANY」の事を中心に演奏方法の事や音作りの事等を語っています。意外だったのがチューニング。てっきり基本チューニングは8弦ドロップEだったと思っていましたが基本はF#のレギュラーチューニングで曲によって8弦をEにドロップして更に6弦のEをDにドロップさせる事もあるとの事。そしてライヴレポとともに使用ギターと機材も掲載されているので必見です。ここまで取材したならDLC用の動画も撮ってほしかったですね。

AALのトシン・アバシ繋がりでGENERATION AXEというスティーヴ・ヴァイ、イングヴェイ・マルムスティーン、ザック・ワイルド、ヌーノ・ベッテンコート、トシン・アバシが一堂に会するライヴが日本でも4月に行われるという事で特集されています。(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=XR4c0FwwY_Q )この面子が揃った演奏というのはなかなか見られないでしょうから見に行ける人が羨ましい・・・。

今月はライヴレポも豊富にあってガンズ・アンド・ローゼズ、ジェフ・ベック(機材紹介あり)、ジャーニー(機材紹介有り)、ジョー・サトリアーニ(機材紹介有り)等などがありました。巻末の白黒ページには速報的なものでしょうかPeripheryの僅かなスペースにライヴレポがありました。インタビューは来月号に掲載されるとの事なので楽しみですね。

インタビューはカルロス・サンタナ御大、テスタメント、アウトレイジの阿部洋介氏、DLCにも登場したセレニティー・イン・マーダーのRyuji氏とFreddy氏、GYZEのRyoji氏、ガールズバンドのブライディアの美弦さんとMisaさん、Li-sa-X等が登場。興味深かったのはブライディアのインタビューで美弦さんのギター(アレキシV風)は父親が庭で自作したんだとか。(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=LQIDqudG_DQ )これからエンドースの話があっても自作ギターを使ってほしいものです。

機材の記事では弾き比べの特集がありました。国産の歪み系エフェクター12機種を弾き比べるというものでDLCではなくYouTubeで公開されているので動画だけなら誰でも見る事ができます。
http://youngguitar.jp/web/201704-hizumi-kei-japan
https://www.youtube.com/watch?v=v9xXjf_B-Oo

弾き比べているのは
320design / Brown Feather
BOSS / BD-2W Blues Driver
Combat / BOMBS D-02pro
HIKASIRA equipment / 3301 “True Drive”
Ibanez / OD850
L' / Red
Ovaltone / 34-Xtreme
SAKAKI / S-Distortion
TDC-YOU / TDC-007 Creamy Drive
TRIAL / F-3 Steady
VEMURAM / Galea
weed / UGEEE
の12機種。個人的に気になったのはBrown FeatherとUGEEEの2機種。ダウンチューニングのギターや多弦で弾くとどうなるか気になります。

初心者向けの連載講座のYG式ギター事始め帖の今回のテーマはオルタネイトピッキングとハンマリング・オン、プリング・オフですがやはりこれも動画があった方が良いんじゃ・・・。ハンマリングで発音する感覚とかプリングで指を弦に引っ掛ける感覚とか動画で見た方が分かりやすいと思うんですけどね。

もはや五陸先生が受け持ってレッスンを行うようになったGIT SUMMIT WORKSHOPですが今月のテーマはスウィープ!今回のフレーズは分かりやすいうえにゆっくり弾いてくれているので挑戦しやすいのでおすすめです。
http://youngguitar.jp/gsw/lesson-46
https://www.youtube.com/watch?v=mYfQ42mVBeQ

メンテナンス関連の連載講座のYG TUNE-UP FACTORY。今回はストリングガイドについて解説しています。自分の場合、ヘッドに角度が付いているギターばかり使っているのでストリングガイドについて仕組みは知っているもののあまり馴染みがないので改めてこうやって解説してくれるとありがたいです。調整方法も書かれているのでいざという時に役に立ちそうですね。

という事で今月はジョン・サイクス先生の特集がかなりのページを割いていましたがそれ以外も豊富にあって読み応えがありました。来月号はPeripheryのインタビューがあるようですし来月も楽しみです。

ヤングギター公式サイト http://youngguitar.jp/

今月号(3月号) の記事紹介や誌面プレビューはこちら
http://youngguitar.jp/yg/yg-201704

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月18日

相変わらず右目の視野は回復しないままですが少しずつ左目で欠けた視野を補うような見方ができるようになってきている気がします。あと日光をカーテンで遮ったりテレビやPCのディスプレイの光度を下げたりして少しずつ見やすい環境を整えています。なのでブログもできる範囲で更新していこうと思います。誤字や脱字が以前より増えるかもしれませんがご容赦を。

という事で今月もヤングギターを購入しています。
IMG_1297
今月の表紙&巻頭特集&DLCにはジョン・サイクス先生が登場。ヤングギターに登場するのは17年ぶりなんだとか。ちなみにDLCでは動画で少しコメントをくれた後に新曲の音源が収録されています。

今月のDLCのトレーラーはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=14bl1OrNg5I

ヤング・ギター2017年4月号 スペシャルDLC内容

まずはジョン・サイクス先生ですがほんとに久しぶりに姿を見ましたがあまり変わってない事に驚きました。トレードマークのレスポールカスタムも健在でなにより。新曲「Stabding At The Gates Of Hell」はスローでダークな曲で個人的にはブルーマーダーを彷彿とさせる感じがしました。記事の方には4つのフレーズを抜粋してTAB譜と解説があるので弾いてみたい人は参考にすると良いと思います。サイクス先生久しぶりに表舞台に出てきた事ですし今後の活動に注目ですね。

お次は多弦ギタリストK-A-Z氏による「"極悪"アーミング・スクール」その名の通り?サスティニアックを搭載した7弦ギターを使った極悪なアーミングを伝授してくれるコンテンツとなっています。アームダウン、アップ、ヴィブラートといった基本的なものからアームを勢い良く弾く(はじく)事で独自のサウンドが生まれるクリケットヴィブラートやアームダウンで弦が緩んでいる状態でハーモニクスポイントに触れてハーモニクスサウンドを発音&コントロールするハーモニクススクウィール等ちょっと難しい奏法も動画で見る事ができるので習得の手助けになると思います。奏法だけでなく使用ギターやアンプ、機材について語っていたりサスティニアックのロングサスティーンを有効的に使ったデモ演奏も収録されているので必見です。

お次はセレニティ・イン・マーダーという女性ヴォーカルを擁する国産メロディックデスメタルバンド(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=Rcl112IwCQE )のRyuji氏とFreddy氏による演奏動画。3曲のデモ演奏が収録されていてそこから記事の方にはフレーズを抜粋してExフレーズとしてTAB譜と解説がありますがフレーズをゆっくり弾いたりという事はやってないので速いフレーズを習得するのは少し大変かもしれません。今度また登場する機会があればもっと多くのExフレーズやゆっくり弾いたりパターンとかを収録してくれる事に期待。

最後はマティアス・エクルンド先生の連載講座ですが今回もコノコルのリズムを使ったもので複雑なリズムを理解しつつフレーズを弾かないといけないのでこれは大変ですね。リズムを体で覚えてフレーズは指で覚えて・・・という感じでしょうか。う~ん難しい。

という事で今月のDLCはジョン・サイクス先生がまだどこにも公開してない曲を発表してくれるという豪華な物でしたができれば演奏も見たいと思いました。それが今後実現する事を期待しています。あとレッスン系の動画はもっと多くても良かったかも?

記事の方もジョン・サイクス特集がかなりの量がある中、個人的にはAnimals As Leadersの来日公演の時の記事に注目です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月11日

震災から6年が経ちましたね。この時期いつもなら関連番組等を見て今の状況やこれからの課題とか知るようにしているんですが今回はちょっとできていません。

というのも少し前から右目の視野の一部が太陽を見た後のように焼き付いたように見え難い状態が続いているので長時間何かを見続けるのは控えています。

昨日の自己免疫疾患の定期診察の時にその事を医師に伝えるとステロイドの長期服用で緑内障になる事もあるのでできるだけ早く眼科で診察してもらった方が良いとの事でその日のうちに眼科で診察を受けたところ緑内障ではなく中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)という症状との事。

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_tyushin.jsp 日本眼科学会のサイトより

ここのサイトに載っている中心暗点のイメージがまさに自分と同じ症状なんですが局所的な網膜剥離でこうなるんだとか。原因は不明ですがストレスの影響だったりステロイドの副作用だったりするのではないかとの事です。

自然に治る事が多い症状との事なので今回は1ヶ月様子を見て今後の治療方針を決める事になりました。1ヶ月で治ってくれると良いんですけどね。

自分の場合おそらくステロイドが原因でストレスが原因ではないと思いますがしばらくはなるべく平常心で過ごしたいと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月09日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1013433994.html
↑以前に紹介した7弦ギターを9弦ギターのレギュラーチューニングのC#よりも半音下のCチューニング(C, F, C, F, A#, D, G)にしてヘヴィ且つテクニカルでメロディアスな演奏をするJoe Cocchiが所属するWithin The Ruinsの新譜「Halfway Human」が先日発売されましたがここのところこればっかり聴いています。
IMG_1288

細かい説明よりも聴いてみるのがよく分かるでしょうから公式に公開されてる新曲を紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=tjhT5NrjwAc Within The Ruins - Death of the Rockstar | 'Halfway Human' 3.3.17
一番最初に先行公開されたDeath of the Rockstarですが速さ、重さ、パワフルさは勿論、ギターソロがかなりエモーショナルなんですよね。前作に比べてギタープレイが格段に上がっている感じがしました。

 https://www.youtube.com/watch?v=Dab7Or6_I48 Within The Ruins - Beautiful Agony
Cチューニングの低音をこれでもかという具合に使ってますがその低音を交えつつも高音側も使って縦横無尽に行き来するリフが凄過ぎです。更にはメロディアスなサビがあるのも前作からの違いですね。

https://www.youtube.com/watch?v=0Vv51uN-s60 Within The Ruins - Objective Reality
いきなりメロディアスなサビから始まる曲なので前作までの曲からすると意外でかなり驚きました。ギター自体はいつものゲームサウンドみたいなリフがあるので馴染みがあるんですけどね。

今のところこの3曲が公式に公開されている曲ですがメロディアスな歌が今作の特徴でもありますね。個人的にはこういう方向性は好きなのでアルバム全体捨て曲無しで一気に聴く事ができました。メロディアスなサビが無いブルータルな曲もありますしIvory Towerという曲はかなりリフが凝ってるので必聴です。あと9弦ギター級の低音を出しているので音作りやリフワークは多弦ギタリストの参考にもなるのでおすすめです。

とりあえずしばらくはこのアルバムを聴いて重低音ギターを堪能したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

ハーフウェイ・ヒューマン 【日本盤ボーナス・トラック収録】
ウィズイン・ザ・ルインズ
ビクターエンタテインメント
2017-03-03



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月03日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1029676980.html
↑以前紹介したPeripheryのMarkのピックアップAlphaとOmegaはカスタムショップ製の限定仕様でしたがやっとの事でレギュラーラインナップとして登場。7弦、8弦用もラインナップされています。

http://www.seymourduncan.com/mark-holcomb-alpha-omega-pickups

Mark本人によるデモ&紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=1UMNM_-fUVE Seymour Duncan Mark Holcomb Alpha/Omega Pickups

6弦セット
http://www.seymourduncan.com/pickup/mark-holcomb-alpha-omega-set
mark-holcomb-6-string-set-700x477@2x
価格はショップサイトによると249ドル
https://www.sweetwater.com/store/detail/11102-63-B

7弦セット
http://www.seymourduncan.com/pickup/mark-holcomb-alpha-omega-set-7-strg
Mark-Holcomb-Alpha-Omega-7-string-set_BEAUTY-700x477@2x
価格は279ドル
https://www.sweetwater.com/store/detail/11102-63-B7

8弦セット
http://www.seymourduncan.com/pickup/mark-holcomb-alpha-omega-set-8-strg
Mark-Holcomb-Alpha-Omega-8-string-set_BEAUTY-700x477@2x
価格は299ドル
https://www.sweetwater.com/store/detail/11102-63-B8

日本での発売はまだ未定ですが今のPeripheryの知名度なら日本でも発売される事でしょうから早く発売されると良いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月02日

少し前に紹介した3弦フレットレスと4弦フレッテッドベースが1本に融合したIbanezの7弦ベースSRAS7 Ashula
http://www.ibanez.co.jp/products/eb_detail_jp.php?year=2016&cat_id=2&series_id=31&data_id=302&color=CL01
SRAS7_DEB_1P_01
ですが発表された時に「一体どうやって演奏するんだろう」と思っていましたがIbanezの公式チャンネルで演奏動画が公開されていました。

https://www.youtube.com/watch?v=H8dKIDM8AgI Ibanez SR "ASHULA" - 7-string fretted/fretless hybrid bass

1本でフレットレスとフレッテッドが共存しているのでタイトなリズムにはフレッテッド、ルーズなリズムではフレットレスにしたり1曲の中でスラップとフレットレス独特のトーンを活かしたフレーズ両方演奏できるのも魅力的ですね。中にはフレッテッドとフレットレスまたいだスウィープをやったり興味深いフレーズもあり興味深いものになっています。

演奏しているのはAdagioのベーシストFranck Hermannyで6弦のASHULAの演奏動画も以前に披露しています。

https://www.youtube.com/watch?v=v3Lfj1Xmpwc Ashula Bass Vol.3

6弦モデルは4弦フレッテッドと2弦フレットレスが共存していますがこちらもうまい具合に使いこなしていますね~。

こうやって使い方を示してくれると特殊な仕様でも使いたいという人が増えると思うのでこういった演奏動画をどんどん公開してほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード