2017年02月

2017年02月25日

NAMMの話題の時に少しだけ紹介したESPの技術力をアピールすべく製作されたExibition Limited 2017のギターの数々が特設サイトにて公開されています。

http://www.espguitars.co.jp/exhibitionlimited/2017/
2017-02-24 at 23.41.52-fullpage

ESPの技術力をアピールすべく製作されたモデルだけあって圧巻ですね~。

動画では製作の様子も見る事ができます。
https://www.youtube.com/watch?v=YYJGx0i_4dM
ESP Guitars: Exibition Limited 2017 (Japan Select Version)

この中で気になるのはやはり多弦。
9弦 EX17-10 HORIZON-CTM-9
ex17-10_l
ex17-10_b_l
マホガニーボディにバックアイバールのトップとバックに貼った見た目が凄い事になっていますね~。ネックもウェンジ、パープルハート、ハードメイプルの7pcネック、指板はパープルハートという特別な仕様になっています。ピックアップは去年のExhibition Limitedと同じくBareKnuckleのカスタム品でブリッジも去年と同じくHipShotのソロブリッジにカスタム仕様のベースプレートで組み込んだ物になっています。気になるお値段は・・・120万円!(税別)

8弦 EX17-11 HORIZON-CTM-8
ex17-11_l
ex17-11_b_l
こちらは9弦とほぼ同仕様でピックアップがBareKnuckleのAftermath8となっています。価格は税別で115万円!

まぁあくまでこれらの価格は参考価格だと思いますが過去のExhibition Limitedモデルを参考にするとNAMMやMusikmesse等の楽器ショー等で展示された後で価格が下がった状態で販売されているようです。
40周年記念のExhibition Limitedの8弦は4999ドル
https://www.pitbullaudio.com/esp-40th-anniversary-namm-exhibition-limited-exl-horizon-nt-8-string-electric-guitar-with-hardshell-case-scab-red.html

多弦以外も見事なギターばかりですしベースもファンフレットの物があったりどれも必見ですので興味がある方はサイトを訪れてみてください。
http://www.espguitars.co.jp/exhibitionlimited/2017/

可能であれば実機を見たり試奏したりしたいですね。でも120万のギターはちょっと弾くの怖いかも・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月20日

という事で記事篇です。

YG03_H1_web-1000-548x680

今月は何といってもメタルギター特集ですね。表紙にはOver 120-Page All about METAL AXES!!と書かれていて記事のトップには80ページ超の一大総力特集!!と書かれていてどちらが正しいのか分かりませんがとにかく大特集になっています。

まず最初はメタルギターの歴史。最初はストラトやレスポール等のようなギターからフライングV等のステージ映えするギター、そしてオリジナルシェイプへと広がっていく歴史が当時のギタリストの活躍を交えた解説、写真で分かるようになっています。近代のギタリストとしてペリフェリーのミーシャやトシン・アバシやメシュガーのフレドリック先生もしっかり押さえてあるのは良いですね。
その次にはギター本体に焦点を合わせた”最強メタル・アックス45選”と題して特徴的なメタルギターを写真と共に紹介しています。どれも特徴的といえば特徴的ですが45本だとさすがに足りないですね。本数としては倍くらいあっても良かったかもしれません。
その次はインタビューコーナーでメタルギタリストK.K.ダウニング御大、現アーチエネミーのジェフ・ルーミズ、そして日本のメタルギタリストとしてセックスマシンガンズのANCHANGがメタルギターについて語っていますが個人的にはジェフ・ルーミズが高崎晃氏のファンで新シグネチュアモデルCygnusはランダムスターをより強烈なルックスにしたいと作ったものというのは知らなかったので興味深かったです。
インタビューの後はDLCのアーティストモデル10本弾き比べと連動した記事で弾き比べされた10本の詳しいスペックと写真で紹介されています。その次には現行メタルギター28本の紹介と今年のNAMMの取材からメタルギターを抜粋したものが紹介されているのでこちらも必見です。
メタルギタリストインタビュー以外にも製作側のインタビューもあります。メタルギターといえば思い浮かぶメーカーであるJackson、Dean、ESPがメーカーとしてのこだわりをインタビュー、コメント形式で語られています。
そしてDLC連動の屍忌蛇氏のリフ特集。
その後はトークセッション。表紙と記事中でモデルを務めた乃木團とガールズバンドのメアリーズ・ブラッドがメタルについて語っています。メアリーズ・ブラッドはメタルや楽器に詳しい分うまい具合に話を広げるのに一役買っている感じですし普段アイドルがメタルについて語る機会は少ないでしょうからアイドルとメタルが好きな方にとっては貴重なものなのではないでしょうか。
ギタースコアコーナーもメタルギター特集なのでしょうか。ジューダス・プリーストの「Metal Gods」とアイアン・メイデンの「Iron Maiden」、BABYMETALの「BABYMETAL DEATH」そして乃木坂46の「コウモリよ」が掲載されています。

メタルギター特集以外のインタビューは2月8日に発売したコラボアルバム「Electric Isrand, Acoustic Sea」で共演している松本孝弘氏とダニエル・ホーがそれぞれコラボする事になった経緯や制作について語っています。DLCにも出演したe-ZUKA氏は今年初のインタビューという事で2016年の活動を振り返ったり「Pierrot Dancin'」収録曲について楽曲解説をしています。その他にレイチェル・マザー・グースの植木英史氏が新作「TOKIWA NO SAI」発売にちなんでメンバーを揃える過程から収録曲について語っています。新世代のメタルバンドとしてヴォルケイオスというバンドのKaz氏とyuzo氏が登場、メジャーデビューの最新作とバンドの事、バックグラウンド的な事について語っています。

連載講座ではまず初心者向けの「YG式ギター事始め帖」ではオルタネイトピッキングがテーマ。ダウンアップを繰り返すオルタネイトピッキングは基本中の基本なのでしっかり押さえておくと良いと思います。これも動画があった方が良いかも?

メンテナンス関連の連載講座のYG TUNE-UP FACTORYではペグ・ツマミのトルク調整がテーマ。ペグがロトマティックとクルーソンそれぞれ調整方法が違うので解説をよく読んで自分でできる事は自分でやって無理な場合はリペアショップに頼むと良いと思います。ロトマティックはペグの横のネジを回すだけですから簡単ですね。

GITの講師が持ち回りでレッスンを行うGIT SUMMIT WORKSHOP今月は、というか今月も五陸守先生が担当。もう五陸守先生の講座と言っても良いんじゃないかという感じですが今回は[「あなたの指使いは大丈夫? テクニカル・レガートへの誘い」と題してフィンガリングが安定してないとちゃんと弾けないフレーズとの事。
http://youngguitar.jp/gsw
https://www.youtube.com/watch?v=RC5gGTS3cVY
今回はオケに合わせたパターンとゆっくり弾いたパターン両方収録してくれているのでフレーズ自体は理解しやすくなっています。ただちゃんと弾くにはちゃんと練習しないと厳しそうですけどね。

最後のページには1月に行われたNAMM showのレポートがありました。今回のNAMMの情報は記事に加えてWEBでは動画と多くの写真を交えたレポートになっているので興味があってまだ見てない方は要チェックです。
http://youngguitar.jp/namm-2017

という事で今月号はメタルギター特集という事で自分としては満足度の高いものでした。ただメタル以外を楽しみにしてる人には物足りないでしょうし本格的にメタルギターを掘り下げるならもっとページが必要だと思うので別冊とかでメタルギター辞典みたいなのを出したら面白いかも?

ヤングギター公式サイト http://youngguitar.jp/

今月号(3月号) の記事紹介や誌面プレビューはこちら
http://youngguitar.jp/yg/yg-201703

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月16日

という事で今月もヤングギターを購入しました。

IMG_1246
今月の表紙はいつもと様子が違います。モデルは乃木團(from乃木坂46)との事。メタルギター特集ですが表紙だけでなく記事中のギター紹介のページにもモデルさんとして登場してますのでファンの方は既に購入していると思いますがまだの方は売り切れないうちにどうぞ。

という事で今月のDLCのトレーラーはこんな感じ。
https://www.youtube.com/watch?v=mVdiZeNyC3M ヤング・ギター2017年3月号 スペシャルDLC映像 サンプル

まずはヤングギターではすっかりお馴染みのe-ZUKA氏が登場。GRANRODEOの新譜「Pierrot Dancin'」が2月8日に発売した事にちなんで記事ではインタビューで登場。DLCでは新譜からデモ「ナミダバナ」といくつかのフレーズを抜粋したものをExフレーズとして紹介しています。注意しないといけないのがチューニング。7弦ギターの1フレットにカポをしたものや6弦ギターでは全弦半音下げ+6弦のみ一音下げのものがあったりするので記事の説明文やTAB譜に書かれたチューニングを参考にすると良いと思います。Exフレーズ自体は覚えやすいメロディであったりゆっくり弾いてくれていたりするので比較的覚えやすいので繰り返して練習すると速いフレーズにも対応できそうです。

お次はヤングギターの映像に初登場の屍忌蛇氏がメタルギター特集にちなんでメタルリフを弾きまくっています。何が凄いってその数30フレーズ!しかもそのフレーズ群のうち少なくとも三分の一がその場の思い付きで弾いたものなんだとか。TAB譜が載った記事の方には御本人による解説もありますが○○風のリフと解説していたりするのでそれらを思い浮かべつつ弾いてみるのも良さそうです。チューニングは基本が全弦一音下げで最後のフレーズのみさらに6弦が一音下げになっています。今回はリフのみの紹介でしたが次回があるなら是非ソロフレーズも弾きまくってほしいです。

お次はお待ちかねの弾き比べ!しかも待ちに待ったメタル系のアーティストモデルをTHOUSAND EYESのKOUTA氏が10本弾き比べています。
今回弾き比べたのは

JACKSON:USA RR1 Randy Rhoads/ランディ・ローズ
WYLDE AUDIO:War Hammer FR/ザック・ワイルド
ESP:Yellow Tiger/ジョージ・リンチ
CHARVEL:Warren DeMartini Signature Snake Pro Mod/ウォーレン・デ・マルティーニ
DEAN:USA Dimebag Commemorative ML Limited 100PC/ダイムバッグ・ダレル
EPIPHONE:Jeff Waters Annihilation-II Flying V/ジェフ・ウォーターズ
KILLER:Prime Signature HB 2015/高崎 晃
SCHECTER:Cygnus JLX-1 FR/ジェフ・ルーミズ
ERNIE BALL MUSIC MAN:Majesty 6/ジョン・ペトルーシ
IBANEZ:FTM33/フレドリック・トーデンダル

の10本。各機種の特徴や弾いた感想のコメントもあり試奏する際にはそれぞれのアーティストモデルにちなんでランディ風やザック風に弾いてくれています。
が、何故かフレドリック先生の8弦Stonemanの時だけメシュガー風のフレーズではないような・・・でもこうやってアーティストモデルを一気に弾き比べる事は個人では難しいのでありがたいですね。自分はやはりStoneman(FTM33)が一番気になりました。

最後は今月から始まるマティアス”IA”エクルンド先生による連載講座。今回は第一回という事でなんと20分にも及ぶデモ演奏が収録されています。テーマは以前からマティアス先生が取り入れている南インドに伝わるコノコルを使ったリズムパターンをギター演奏に反映させています。映像でもコノコルを解説してくれていますがこれが難しいのなんの!ギターを弾く前にまずこのリズムパターンを口ずさめるようにするのが近道だと思いますが難しいですね~。あとマティアス先生は8弦ギターを使っていますがTAB譜では6弦用に採譜されているのでご安心を。一回目から難しい講座ですが果たして今後どのような講座になるんでしょうね。

という事で先月心配していた収録時間の短さは嘘のように今月はたっぷり収録されていてしかもメタル系のコンテンツが中心だったので個人的に満足度の高いものでした。次回以降もこういった感じで充実したものだと良いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月11日

先日SNSでフライング気味に公開されていたJ.customの特別モデル(J.custom発売20周年記念モデル)の詳細が公式サイトに掲載されていたので紹介。

JCRG1601-SSK
http://www.ibanez.co.jp/jcustom/2016/JCRG1601.html
JCRG16_SSK
何度見ても凄い見た目ですね~。日本の夕焼けからインスピレーションを受けたSunset Skyというフィニッシュなんだとか。
RG05
このRGはスルーネック仕様でネック材、指板材共に特別に選別されたもので3pcメイプルネック、ローズウッド指板でお馴染みツリー・オブ・ライフインレイも施されていてヘッドのトップ材にもエキゾチックメイプル使われています。ネック裏はマット塗装というのも良いですね。
ボディはエキゾチックメイプルトップ、ウイング材がアフリカンマホガニーとなっています。ピックアップは最近のIbanezのギターに搭載されているDiMarzioのFusion Edge。ブリッジはEdge-Zero tremoro bridge w/ZPS3を搭載。コントロールは3WAYスイッチとコイルタップスイッチと1ヴォリュームとなっています。お値段税込みで691,200 円!
http://item.rakuten.co.jp/ikebe-rockhouse/501063/
これだけ特別な木材を仕様していて装飾や塗装、組み込みなら妥当・・・ですよね。

JCS1601-SSK
http://www.ibanez.co.jp/jcustom/2016/JCS1601.html
JCS16_SSK
SモデルはRGと違いセットネック仕様。
S05
ボディ材はRG同様ですがネックはマホガニー/ブビンガの5pcネックとなっています。指板はエボニー。ピックアップやブリッジはRG同様でコントロールにトーンが搭載されているのがRGとの違いとなっています。お値段はやはりこちらも691,200 円!
http://item.rakuten.co.jp/ikebe-rockhouse/501065/

JCRGA1601-SSK
http://www.ibanez.co.jp/jcustom/2016/JCRGA1601.html
JCRGA16_SSK
RGAはボルトオン仕様。
RGA05
ボディ材は他のモデルと同様ですがネック材がメイプル/パープルハートの3pcネックで指板はエボニーとなっています。ピックアップやブリッジは他と同様でコントロールはRGと同じ3WAYスイッチ、コイルタップスイッチ、1ヴォリュームとなっています。お値段はこちらも691,200 円!
http://item.rakuten.co.jp/ikebe-rockhouse/501066/

それぞれスペックが微妙に違いますがお値段は同じ。スルーネックが手間が掛かりそうでお値段も高くなりそうですが同じ記念モデルということで価格も同じなんでしょうか。

ちなみに各機種3本のみの限定生産品!高価ですが生産数が少ないのでコレクターにとっては競争率が高いかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

Ibanez JCRGA1601-SSK 【J.custom発売20周年記念モデル】【数量限定!特製アイバニーズ・チューブスクリーマーiPhone(7/6s/6対応)ケース・プレゼント!】
Ibanez JCRGA1601-SSK 【J.custom発売20周年記念モデル】【数量限定!特製アイバニーズ・チューブスクリーマーiPhone(7/6s/6対応)ケース・プレゼント!】



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月09日

NAMMでボディ交換ギターを見て以来少し気になっています。なので少しだけですがまとめて紹介。

ボデイ、ピックアップユニット、指板が簡単に交換できるSOMNIUM GUITAR
http://www.somniumguitars.com/
これはNAMMの時に紹介しましたね。少し経ってNAMMで実際にボディやピックアップユニットを交換して別のシェイプのギターに変えるデモの動画があったので紹介。
https://www.youtube.com/watch?v=FbwuExiYkFoNAMM Brief 2017 Somnium Re Configurable Guitar. UNBELIEVABLE!
Somnium1
Somnium2
Somnium3
Somnium4
Somnium5
ローズウッド指板でハムバッカーのVからメイプル指板で3Sのストラトに早変わり!これは凄い!まだ価格や発売時期等は不明なのでこれからの情報に注目ですね。

OGREのボディ交換、ヘッド有りヘッドレス変形ギターTranswing
これは去年のNAMMの時に紹介しましたが1年経ってヴァージョンアップしたようで公式サイトにて詳細が紹介されていました。
http://ogreguitar.cafe24.com/ogre-products/
5GUITAR
写真右2本がTranswingシリーズでワーロックのようなXとVがあります。
気になるのは変形の詳細ですがこんな感じ
transwing-const-big
ボディはマグネシウム製でネックはマグネシウムの物とハードメイプルの物があり木材のネックの物はヘッド有りのみですがマグネシウム製ネックの物はヘッドを付けたり外したりできるようです。ブリッジもヘッドレス用のチューナーが付いたブリッジの他にウィルキンソンやフロイドローズのブリッジも搭載できる(アーム搭載の時はヘッド有りのみ)ようになっているのが興味深いですね。こちらもまだ価格や販売時期等は不明。今後の情報が待たれます。

ボディシェイプ変更を簡単にできるPons Guitars
https://www.facebook.com/ponsguitars
(公式サイトは音が出るので音量に注意)
http://www.ponsguitars.com/

THE NEW WAY TO PLAY #ponsrevolution #guitar #concept by #ponsguitars www.ponsguitars.com info@ponsguitars.com

Pons Guitars Oficialさん(@ponsguitars)が投稿した動画 -


百聞は一見にしかずという事で見るとすぐに分かりますが簡単にボディシェイプを変更できていますね~。他のメーカーとは違うのはボディシェイプが豊富な事。

#ponsguitars #thenammshow2017

Pons Guitars Oficialさん(@ponsguitars)が投稿した写真 -


fホールが空いているセミアコスタイルがあるのも興味深いですね。これだけ豊富なシェイプがあれば好みのシェイプを複数使い回す事ができるのではないでしょうか。仕組み自体もシンプルなのでおそらく交換ボディもそれほど高くないのでは?と思いますがこちらも価格や発売時期等は不明。SNSを定期的にチェックして今後の情報に注目していきたいと思います。

という事でボディ交換ギターといっても単純にシェイプを色々と変更できるものから機能を変更できるものまで様々なアイデアがあって興味深いですね。これらのギターが実際に手に入るようになればその日の気分によってボディシェイプを変更したり演奏するジャンルによってピックアップを交換したり指板をフレットレスに変えたり色々できそうなので今後が楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月05日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1037615549.html
↑Ibanezのj.custom limited editionといえば以前紹介した凝った仕様のJCRG15シリーズがかなり凄かったんですが今回新たにIbanezのInstagram、Facebookで公開されたj.custom limited editionも特別な仕様になっています。更に今回はRGだけではなくS,RGAもラインナップされています。

IbanezのInstagram https://www.instagram.com/ibanez_japan/

JCS1601

j.custom limited edition, JCS1601 詳細はもう間もなく!

Ibanez Japanさん(@ibanez_japan)が投稿した写真 -

これはどういった塗装なんですかね。見た目のインパクトが凄い!

JCRG2016

j.custom limited edition, JCRG2016 ネックスルーのRGも、作りました!

Ibanez Japanさん(@ibanez_japan)が投稿した写真 -

お馴染みのRGシェイプですが今回のモデルはスルーネックのようです。

JCRGA1601

個人的に一番気になったのがこのRGAシェイプ。RGAシェイプのj.customって今まで見た記憶が無いんですけどかなり珍しいのではないでしょうか。RGA好きの自分としてはj.customの作りの良さのRGAがどんな感じなのか気になります。この特殊フィニッシュ以外のいつものj.customの仕様のRGAも出すと良いかもしれませんね。

詳しいスペックや価格、発売時期はまだ分からないので今後の正式な情報の発表が待たれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

Ibanez JCS1601-SSK 【J.custom発売20周年記念モデル】【数量限定!特製アイバニーズ・チューブスクリーマーiPhone(7/6s/6対応)ケース・プレゼント!】
Ibanez JCS1601-SSK 【J.custom発売20周年記念モデル】【数量限定!特製アイバニーズ・チューブスクリーマーiPhone(7/6s/6対応)ケース・プレゼント!】



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード