2016年01月

2016年01月30日

ドリームシアターの2年半ぶりの新作The AstonishingがYouTubeで全曲公開されています。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLToa5JuFMsXR7S5f8Ti0IWHYFOU5WclqA Dream Theater - The Astonishing (Album Stream)

いつものようにプレイリスト形式になっているので再生を始めると自動で次の曲も再生されます。

今回のアルバムはCDでは2枚組になっていて全34曲、合計2時間10分の大作になっています。そしてストーリーのあるコンセプトアルバムになっていて特設サイトでは登場キャラクター達や物語の世界の地図があったり興味深いものになっています。

http://www.dreamtheater.net/theastonishing

なので本格的にストーリーの概要を辿るには日本版で翻訳された歌詞を読んだりした方が良いのかも?でもそれでも足りないかもしれないので今後ヤングギター等のインタビューで詳しい事が語られるのを期待!

それにしても2時間10分とは・・・。映画1本見るようなものですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月29日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1013432761.html
↑以前紹介したトリヴィアムのコリィモデルのキングVは50万円台と非常に高価なギターで廉価モデルが出れば・・・と思っていましたがようやく日本でも普及価格帯のモデルが登場しました。

http://info.shimamura.co.jp/guitar/news/jackson-corey-beaulieu-x-kv/ Guitar Selectionより
【エレキギター】TRIVIUMのギタリストCorey Beaulieu(コリィ・ビューリュー)・シグネチャーモデルがJackson Xシリーズより登場

6弦モデル
http://www.jacksonguitars.com/guitars/king-v/models/corey-beaulieu-x-series-kv6-bks-dark-rosewood-fingerboard-satin-black/
2912126568_gtr_frt_001_rr

メーカー希望小売価格が税込196,560円との事ですが販売価格は15~16万円前後ですかね。

7弦モデル
http://www.jacksonguitars.com/guitars/king-v/models/corey-beaulieu-x-series-kv7-bks-dark-rosewood-fingerboard-satin-black/
2912127568_gtr_frt_001_rr
メーカー希望小売価格が税込207,360円でこちらは先に入荷したのか販売しているサイトもあり販売価格は税込165,888円となっています。
http://item.rakuten.co.jp/ishibashi-shops/80-313290100/

50万円のモデルとの違いはボディ材がアルダーバックフレイムメイプルトップだったのがバスウッドに変更されて塗装はつや消しブラックになっていたり指板がエボニーからローズウッドに変更されたりフロイドローズオリジナルがフロイドローズスペシャルに変更されたりしています。ピックアップはどちらのモデルもダンカンのBlackoutsとの事。

50万円の機種は手が出そうにありませんがこのモデルなら手が出せそうという方もいるのではないでしょうか。あとは品質がどんなものかチェックしてみるのが良いでしょうね。

この調子でどうかPeripheryのMishaモデルの廉価モデルも出してほしいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。


Jackson / Corey Beaulieu KV7 King V【送料無料】【WEBSH…

Jackson / Corey Beaulieu KV7 King V【送料無料】【WEBSH…
価格:165,888円(税込、送料込)




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月26日

という事でパート2です。

Peaveyの6505の20Wマイクロヘッド
http://peavey.com/news/article.cfm/action/view/id/841/cat/1/article.cfm
841
インプットジャックやノブを見ると分かると思いますがかなりコンパクトです。動画を見るとコンパクトながら本格的なサウンドを出す事が分かると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=SAbP7GyT7Q4 Peavey 6505 Piranha DEMO feat. Hartley Peavey Winter NAMM 2016
https://www.youtube.com/watch?v=lhnrCE0Gk8g NAMM 2016: Peavey 6505 Piranha micro amp head
歪ませた音はかなり良いですね。センドリターン端子はありますが1チャンネルですしEQも一つだけなのでヘヴィトーンがメインの使い方が良さそうです。価格は動画中に語られていますが179ドルとの事。
ちなみにもう少し小型だけどもう少し本格的な音作りがしたいという方には6505のミニヘッドがあります。
118738_30826
こちらはサウンドハウスで税込64,584円です。
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/205982/


5150 III Micro Stack
そして現在ヴァンヘイレンのシグネチュアアンプEVHの5150Ⅲからはマイクロスタックアンプが登場。
http://evhgear.com/gear/accessories/evh-micro-stack-ivory/
0224800400_gear_frt_001_nr
インプットジャックの大きさのから察するにマーシャルのマスコットアンプみたいな感じですかね。このサイズなので音は期待できないかもしれませんけど希望小売価格が
69.99ドルなので日本で気軽に買える価格ならちょっと欲しいかも。



KORGの新しい真空管「Nutube」を使ったVOXの150Wアンプヘッドのプロトタイプ
Nutubeについてはこちらに書かれています。
http://www.korg.com/jp/news/2015/012204/
小型で省電力、低発熱、長寿命が特徴なんだそうです。で、そのNutubeを使ったアンプヘッドがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=EB5QXWfPoaI NAMM 2016: Vox Nutube
2016-01-26 00-43-14-262
幅広いサウンドに対応していますしヘヴィサウンドも出せそうですね。これで真空管の寿命が長かったり低発熱だったりするんですから大したものです。まだプロトタイプなので製品化は未定のようですが今後に期待!


ヘッドレスにも使えそうな新たなロック式トレモロCoherent Sound In Light - Trem & Bridges
これはかなり画期的なトレモロブリッジで動画を見るとその凄さが分かると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=MYqy_zkCKK0 Coherent Sound In Light - Trem & Bridges - Winter NAMM 2016
2016-01-25 17-03-40-345
赤いつまみの部分の先から弦を通してブリッジサドル付近のネジを回すとロック完了。赤いつまみを回すとチューニングができるのでナット部分でロックされていればヘッドは不用という訳です。(動画のギターはヘッドがありますが)
ブリッジ裏のホイールでトレモロ用スプリングのテンションを調整したりできるというのも便利です。
2016-01-25 17-04-20-984
動画では7弦用(8弦用も?)についても語っていますが自分の英語力ではちょっと詳しい事は分かりません。とにかくヘッドレスでもハードにアーミングできるようにこの製品が流通してくれる事に期待したいです。
公式フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/Coherent-Sound-In-Light-Sophia-tremolos-1205479142826516/

ひとまずこんな感じでしょうかね。最大規模の楽器見本市という事で興味深い機材やパーツが色々出てきますね。個人的にかなり気になったのはアーム型ピッチコントローラーのVirtual Jeffと最後に紹介したヘッドレスでも使えそうなCoherent Sound In Lightのロック式トレモロです。本格的に販売されるようになればかなり話題になるのではないでしょうか。早く販売されるようになってほしいです。

NAMMが終了してもしばらくの間はNAMMで撮り貯めた動画を少しずつ公開される事があるので今後また何かあれば紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月24日

NAMMの情報がひっきりなしに入ってきている中で気になったものを紹介。

ESPの9弦ギター

HORIZONシェイプの9弦ギターですね。「exhibition」と書かれているので市販品ではなくショーモデルかと思いますが今後評判次第でアーティストモデルとして製作したりいずれは市販されるのでは?と期待をしています。


ERNIE BALL Music Manのジョン・ペトルーシモデルJP16(フロイドローズ搭載)
http://www.music-man.com/instruments/guitars/jp16
instrument-60
エルボーカットの所が昔のJPみたいですがなんとフロイドローズ搭載。Ibanezからミュージックマンに移った時からシンクロナイズド・トレモロを使っていましたが再びロック式トレモロを搭載したのはどういう事なんでしょうね。そしてネックが熱処理したローステッドメイプルになっている事にも注目。価格は今のところ不明。
ペトルーシ先生による紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=sGQmBjZF-kg NAMM 2016 - Ernie Ball John Petrucci JP 16 and Majesty

Sterling by Music Manのジョン・ペトルーシモデル MajestyとJP150とJP157(7弦)
去年末に紹介した低価格でお馴染みのSterlingのジョン・ペトルーシモデル。
Majestyは799.99ドル。
http://www.sterlingbymusicman.com/jp-guitars/jpm6
IDL-JPM6-1

JP150と7弦のJP157は699.99ドル。
http://www.sterlingbymusicman.com/jp-guitars/jp150-and-jp157
JP150-l-1
JP157-l-1
Majestyは意外にしっかり再現されてますしJPの方は低価格モデルとは思えないルックスで良い感じですね。


アーム型ピッチコントローラーVirtual Jeffの動画
https://www.youtube.com/watch?v=U0U34QvNG2E NAMM 2016: FOMOfx Virtual Jeff

https://www.youtube.com/watch?v=RFLIe9QHGBg 2016 WINTER NAMM : FOMOfx「Virtual Jeff」アコギ編
シールドとは別にアーム型コントローラーからコードが出ているのでごちゃっとしているのが気になりますがアコギでアーミングしたりなかなか面白そうです。


MarshallのモデリングアンプCODE
Code-Family-Front-Grey-700x525
マーシャルのこれまでのアンプJTM45 2245, 1962 Bluesbreaker, 1959SLP Plexi, JCM800 2203, JCM2555 Silver Jubilee, JCM2000 DSL100, JVM410H等をモデリングしていて更にエフェクターも搭載されていてこれ一台で様々なマーシャルサウンドを出す事ができるというもの。
https://www.youtube.com/watch?v=YspNywjPbK8 Marshall CODE: Product Demo - Series Overview

https://www.youtube.com/watch?v=yEHnieJUpSY Marshall CODE demo NAMM 2016
価格はmusicradar
http://www.musicradar.com/news/guitars/namm-2016-marshall-team-up-with-softube-for-code-digital-amp-series-633276
によると一番高い100Wコンボアンプでも349ポンド(6万円くらい)と書かれていますが日本でもこれくらいの価格で手に入ると良いですね。

OGREのヘッドとウイング部分を着脱できるギター
エフェクターで有名なOGREのギターがなかなかユニーク
bandicam 2016-01-22 15-34-56-437
2016-01-22 15-34-57-901
ボディのウイング部分が外れて別のデザインのウイングを取り付けたりヘッドが着脱できる、というかヘッドレスギターにダミーのヘッドを取り付ける事ができるというもの。
https://www.youtube.com/watch?v=Qemg8ajkLTg OGRE Guitars & Pedals. SICK! Winter NAMM 2016
あとギター同士をくっつけてダブルネックにもできたりするみたいでなかなか面白いと思いました。


まだまだありますが長くなりそうなのでひとまずおしまい。また情報を集めておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月21日

やっとの事でIbanez日本版の2016年モデルがイケベ楽器のサイトで一挙公開されました。

日本版もかなりの本数が出ているので個人的に気になった物を挙げていくと

PeripheryのJAKE BOWENモデルの7弦 JBM27
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=15&data_id=244&color=CL01
JBM27_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_jbm27/
気になっていた販売価格は税込みで162,000円!この価格なら結構な数が売れるんじゃないですかね。2月発売予定との事。


Iron LabelのRGA
6弦 RGAIX6FM
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=10&data_id=327&color=CL01
RGAIX6FM_TGF_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rgaix6fm/
販売価格は税込113,400円。

 

7弦 RGAIX7FM
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=10&data_id=328&color=CL01
RGAIX7FM_TGF_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rgax7fm/
販売価格は税込 121,500 円。
ちなみにRGAIXのサイドとバックはこんな感じ。
RGAIX7FM_TGF_1P_01_CU_Body_TopRGAIX7FM_TGF_1P_01_CU_Body_Back
この仕上げでこの価格ならあとは品質が良ければ言う事なしですね。発売は2月発売予定。

 

Iron LabelのRGD
6弦 RGDIX6MRW
※USA公式サイトにはまだ製品情報ページが無いようです。
rgdix6mrw-cbf
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rgdix6mrw/
注目のIron LabelのローズウッドトップボディのRGDですが販売価格は税込121,500円!この仕様でこの価格は安いですね~。

7弦 RGDIX7MPB
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=3&data_id=333&color=CL01
RGDIX7MPB_SBB_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rgdix7mpb/
こちらも注目のポプラバールトップ7弦RGDの販売価格は税込129,600円!これも結構な数が売れるのではないでしょうか。発売は2月の予定だそうです。

 

スタンダードシリーズのRGA
6弦 RGA32
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=10&data_id=325&color=CL01
RGA32_WK_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rga32/
低価格帯のスタンダードシリーズのRGAがリニューアルされて登場しましたがメタルなルックスに仕上がっています。販売価格はお手頃価格の税込56,700円!ピックアップ交換を視野に入れても良さそうです。

7弦 RGA732
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?year=2016&cat_id=1&series_id=10&data_id=326&color=CL01
RGA732_WK_1P_01
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rga732/
こちらは7弦。価格は税込64,800円!
そして6弦、7弦ともにボディサイトとバックはこんな感じになっています。
RGA732_WK_1P_01_CU_Body_TopRGA732_WK_1P_01_CU_Body_Back
単なるオールブラックじゃないのが良いですね。この7弦欲しいかも。発売は3月発売予定との事。

 

ポプラ・バールトップの7弦RG RG7421PB
http://www.ibanez.com/products/u_eg_detail.php?data_id=308&color=CL02&year=2016&cat_id=1&series_id=1
RG7421PB_TGF_1P_02
http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rg7421pb/
これも凄い見た目ですね~。去年のモデルで赤茶系の別の色がありましたが今度は黒系。この見た目で販売価格は税込60,750円の低価格なのが良いです。このギターも欲しいかも。こちらは4月発売予定との事。

という事で今回もかなり良さそうなラインナップなので気になった機種は試奏してみたいです。個人的にどれか7弦が欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

NAMMが近付くにつれ各社が新製品を発表していますが今度はRoland/BOSSの新製品が一挙公開されています。

http://blog.roland.jp/info/namm_2016/

Roland
2016-01-20 23-43-51-801
色々ある中でギター関連ではBlues Cube Hotがありますがブルースに縁が無いので・・・。
この中で個人的に気になったのはJAZZ CHORUS型のBluetooth対応のオーディオスピーカー!
http://www.roland.co.jp/products/jc-01/?_ga=1.241509574.550939277.1453300725
image_05_L
見た目はジャズコーラスそのままでパソコンやスマートフォンとBluetoothで連携する事でワイヤレスで音楽を再生したりマイクも内蔵しているので電話でハンズフリーの通話ができるんだとか。たしかマーシャルからも似たようなスピーカーが出ているのでセットで揃えるとインテリアとして良いかもしれません。

BOSS
2016-01-20 23-44-09-258
色々とありますがこの中で個人的に気になったのは「技」アンプとVocoder。

WAZA AMP
http://jp.boss.info/promos/waza_amplifier/
image_04_L
もう見た目がインパクトありますよね。海外の人には受けそうですが国内だとちょっと「技」はインパクトあり過ぎるような気がします。ただこのアンプはヘッドとしても使えますしラックに収納して使えるというのが便利そうです。
top2_L
この中の部分だけ外れるようになっていてラックにマウントできるんでしょうね。ラック派の人にも使えるというのは良いアイデアだと思います。
動画
https://www.youtube.com/watch?v=9WtYalLil0U BOSS WAZA AMP Guitar Amplifier
ロックなサウンドですが他の音作りではどんな感じになるのか続報が気になります。価格はこちらのサイトによるとおそらく2049ポンドと書かれていますが約34万円・・・。
http://www.musicradar.com/news/guitars/namm-2016-roland-announces-boss-waza-amp-head-and-blues-cube-hot-guitar-amps-633293


Vocoder
http://jp.boss.info/products/vo-1/
top3_L
ヴォコーダーを知っている方は説明不要ですが知らない方は動画を見てみると良いかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=w5qeXCvrxsg BOSS VO-1 Vocoder featuring Kai Smith

ギター入力とマイク入力端子がありマイクの声がギターの音に反映される、といった感じでしょうか。ギターでトーキングモジュレーターというものもありますがあれも再現できるようです。DigiTechにTALKERというものがありましたがあんな感じですかね。ベースにも対応しているので多弦で使うとどんな感じなのか試してみたいです。

これらの製品はおそらくNAMMでデモ演奏を行ったりすると思うので動画がUPされるのを待ちましょうかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月19日

どうやら海外のショップサイトで公式より先にニューモデルが掲載されているようです。例により公式サイトでは正式に発表されてないので「?」を付けておきます。

http://www.lamusic.ca/New-Jackson-from-Namm-2016-s/980.htm?searching=Y&sort=13&cat=980&show=40&page=1

300ドル前後の安い物から5,000ドルを超える高価な物までかなりの本数あるので気になった多弦を抜粋すると。

PeripheryのMisha Mansoorモデルの8弦
http://www.lamusic.ca/Jackson-Limited-Edition-Misha-Mansoor-Juggernaut-H-p/2856808000.htm
2856808000-2
既に発売されている6弦、7弦モデルを基本に8弦化されていてスペック情報を見るとスケールは6弦が25.5インチ、7弦が26.5インチに対し8弦モデルは27インチとなっていてピックアップは8弦用のJuggernautが搭載されています。販売価格は4,999.99ドル。(約58万5千円ほど)分かっていた事ですが高いですね~。6弦、7弦含めて廉価版を出してほしいです。

LPシェイプの7弦ギター
http://www.lamusic.ca/Jackson-Monarkh-SCX7-Rosewood-Fingerboard-Gloss-p/2916907521.htm
2916907521-2
ジャクソンでは珍しいシングルカットのレスポール的なシェイプの7弦ギター。このシェイプで尖ったヘッドというのも珍しいですね。スケールは25.5インチで24フレット、ピックアップはダンカンのNazgûl(リア)とSentient(フロント)なのでDjent向きのスペックとなっています。価格は949.99ドル(約11万円ほど)なのでこのスペックではなかなか良い価格なのではないでしょうか。

独立ブリッジを搭載したChris Broderickモデルの7弦
http://www.lamusic.ca/Jackson-Chris-Broderick-Soloist-HT-7-Ebony-Finge-p/2803157803.htm
2803157803-2
元メガデスのクリス・ブロデリックの新しいモデルという事ですがどこが新しい?と思ってよく見るとブリッジが各弦が独立したブリッジになっています。このタイプのブリッジはファンフレットのギターで使われる事が多いんですが今回は通常のスケール&フレッティングです。これは低音弦のオクターブチューニングをしっかり合わせる為に低音側だけブリッジのコマを後ろにずらす事ができるようにこのブリッジにしたんでしょうかね。よく見ると6弦、7弦だけブリッジがボディエンド側に下げられています。ちなみに価格は5,939.99ドル。(約70万円ほど)これは高い!これも是非廉価版を出してほしいものです。

という事で多弦モデルだけ抜粋しましたが去年に比べると少ないのが気になります。でもまだこれからNAMMで発表されるかもしれないので今後の情報に注目です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月18日

コメント欄にてエルさんから教えていただきました。エルさんありがとうございます。m(__)m

TBSの番組「マツコの知らない世界」でヨッちゃんこと野村義男氏が登場してエレキギターについて熱く語るようです。

番組の公式サイト http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

予告動画 https://www.youtube.com/watch?v=hFdIpcoBjas
番組情報にある「値段がつけられない超高級ギター」や「世界に2本しかないギター」とか気になりますね。

放送日時は明日1月19日21時からとの事なので興味がある方はお見逃しないように。

あ、見逃したら見逃し配信もあるみたいなので大丈夫ですね。

~1月19日追記~

見逃した方は公式の見逃し配信で見る事ができます。放送日から7日間の期間限定なのでお早めにどうぞ。
http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/matsuko-sekai/052.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月16日

という事で記事篇です。

2088371602

まずはリッチー&ヌーノの対談ですが誌面の方ではもっと深く掘り下げたものになっていてギターを弾き始めるところの話から始まりデビューの頃の話やプレイスタイルについても語っています。これだけ凄い二人なのでこれを機会に二人で共演する事があると良いですね。

インタビューは今月は少なめでニール・ザザ、THE STRYPESのジョシュ・マクローリー、PRAYNG MANTISの二人、ENFORCERのオルフ。ヴィクストランドが登場。日本勢はSABER TIGERの二人と摩天楼オペラのAnzi氏が登場。SABER TIGERの二人の記事には木下氏の27フレット仕様のカスタムギターが掲載されていたりと興味深いものでした。

代わりにライブレポが多くOzzfest JAPAN、King Crimson、THUNDER、Halestorm、更にWHITESNAKE、Def Leppard、X JAPANのレポでは機材紹介もありました。

今月の特別企画では「THE BLOOD OF“GUITAR GROOVERS”」というファンクギターについての特集がありました。ファンクにおけるギタリストの歴史やインタビュー、オススメのアルバム39選、奏法特集(DVD連動)といった感じでファンクを知る事ができるのであまり知らない自分にとっては勉強になるのでありがたいです。

奏法記事で気になったのが「奏力測定センター試験」という今の時期にぴったり?の企画。フルピッキングやスウィープ、カッティング等それぞれの奏法で初級、上級問題があり演奏できるかどうかで自己採点していく企画ですが採点関係無しにそれぞれの奏法を学ぶには丁度良いフレーズなのでやってみる価値ありです。それぞれのフレーズはWEB上で音源を聴いて確認する事ができるので分からない場合は聴くと良いと思います。ただこれは動画が良かったかな?
http://youngguitar.jp/web/201602-guitar-exam

GITの講師が持ち回りでレッスンを行うGIT SUMMIT WORKSHOP。今月は林 剛史先生のバンドMARCHING OUTの1stアルバム「ROCK WILL NEVER DIE」に収録された曲からExフレーズを紹介。
http://youngguitar.jp/gsw/lesson-32
https://www.youtube.com/watch?v=JYNGdL2-b3I
高速のスウィープとチキンピッキングは圧巻!これはかなりの練習を必要としそうですね。今回はカメラアングルが3つあるのでこれらをじっくり見て研究すると良さそうです。

WEB連動でピックアップの紹介&サンプル音源が聴けるSeymour Duncan Maniacの今回のピックアップはSPH90-1 Phat Cat。ハムバッカーサイズのP-90にシールド効果のある金属製のカバーを取り付けていてハムバッカーを搭載しているギターに木部加工する事なくP-90サウンドが得られるのが特徴。詳しい説明やサンプル音源はこちら。
http://youngguitar.jp/seymour-duncan/sdpu_29
金属製のカバーがあるとはいえ歪ませるとノイズが気になりますが音はエッジの効いた音で良いですね。

最後は「ろってぃーのRoad to Guitar Heroine」の第5回ですが今回は動画では楽器店でギターを弾くうえで必要な品物を購入するというもの。これからギターを始めようという人はまず何を買ったら良いのか分からない場合もあると思うので参考になるのではないでしょうか。
http://youngguitar.jp/rotty
https://www.youtube.com/watch?v=yjA2MklsZEA
誌面では基本のコード練習がTAB譜付きでありますがこれこそ動画もあった方が良いような・・・。(音源はWEB上にありますが)

という事で今月号は読み物も奏法も多くバランスの取れたヤングギターだったと思います。来月はOzzfest JAPANの出演ギタリストのインタビューとかあれば良いんですけどどうなるでしょうね。

※PCでのちょこっと立ち読みや記事紹介はこちら
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2088371602

ヤングギター公式サイト http://youngguitar.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

VOXから何やら見た目も機能も凄そうなギターが登場しました。その名もStarstream Type 1。

http://www.voxamps.com/StarstreamType1
Starstream_Gallery_800x600-3
Starstream_Gallery_800x600-9
Starstream_Gallery_800x600-1
もう見ただけで引き込まれるようなデザインのギターですが様々なギターサウンドを出す事ができるモデリングギターというのも興味深いところ。

Starstream_Gallery_800x600-2
つまみを回す事でシングルコイルやハムバッカー、アコースティックサウンドは勿論、シタールのサウンドを出す事ができますがそれらはLine6のVariaxでも可能でした。VOXのモデリングギターではシンセ、ベースシンセのサウンドも出す事ができるというのが特徴的です。

サウンドはこちらのページで聴く事ができます。

http://soundcloud.com/vox-sound/sets/vox-starstream-type-1-electric-models/s-m3Gdc

https://soundcloud.com/vox-sound/sets/vox-starstream-type-1-acoustic-unique-special

シンセ系のサウンドがギター1本だけで弾けるというのは面白いですね。

近日発売予定との事ですがまだ価格等は不明。実機の紹介を含めておそらく詳しい事はNAMMで発表されるでしょうから楽しみに待つ事にしましょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード