2015年11月

2015年11月29日

またもやワッシュバーンの話題で申し訳ありませんが前々から気になっていたギターなので紹介。

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1013433222.html

↑以前紹介した時は7弦29フレットモデルをメインに紹介しましたが今回7弦モデルは入荷してないようです。

6弦モデルはこちら。
http://store.ishibashi.co.jp/ec/pro/disp/1/06-313212400-1088
67879_635092413192827_2045854740_n
デジマートで検索すると
http://www.digimart.net/search?category12Id=359&keywordAnd=PXS29FR+&x=24&y=7

スペック等は以前の記事を見ていただくとして注目すべきは価格。この29フレット仕様のギターが税込みで96,120円!10万円以下というのはなかなかのお手頃価格なのではないでしょうか。

あとは肝心の7弦29フレットが入荷したら言う事なしですが果たして日本に入ってくるんでしょうか。

886202_635386279830107_1943051209_o

7弦29フレットはかなり魅力的だと思うんですけどね~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



Washburn / Parallaxe PXS Series PXS29FR TBBM (F…

Washburn / Parallaxe PXS Series PXS29FR TBBM (F…
価格:96,120円(税込、送料込)





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月26日

Kiesel Guitarsのラインナップにマルチスケールのファンフレットギターが加わりました。但し今のところは8弦モデルはありません。

http://www.carvinguitars.com/customshop/kieselguitars.php

6弦モデル
AM6 ARIES MULTISCALE FANNED-FRET BEVEL-TOP BOLT NECK GUITAR
http://www.carvinguitars.com/catalog/guitars/am6
2guitars-am6-1
スケールは26.5~25.5インチのマルチスケールで木材やパーツ等の仕様をカスタマイズする事で価格が変わりますが最小構成で1,349ドル(セール価格だと1,249ドル)になるようです。

7弦モデル
AM7 ARIES MULTISCALE FANNED-FRET BEVEL-TOP BOLT NECK 7-STRING GUITAR
http://www.carvinguitars.com/catalog/guitars/am7
2guitars-am7-2
スケールは27~25.5インチのマルチスケールで最小構成1,399ドル(セール価格だと1,299ドル)からオーダー内容によって価格が変わります。

特徴としてはピックアップがマルチスケールに合わせてスラント仕様になっている事。普通のピックアップを斜めに設置するとポールピースが弦からずれてしまいますがこのピックアップはポールピースがちゃんと弦に合った状態なので弦振動をきっちり拾う事ができるので良いですね。

動画
6弦モデル
https://www.youtube.com/watch?v=FU19FNBB0YE
KIESEL/CARVIN Aries Multiscale Review | GEAR GODS

7弦モデル
https://www.youtube.com/watch?v=5ExbJQ5h-Oc
Kiesel Aries Multiscale AM7 Fanned Fret Demo by Steve Terreberry

なかなか良さそうな感じですね。

日本ではサウンドハウスがKIESELの代理店をやっていますが今のところは通常のフレッティングのAriesを取り扱っていて価格は20万円前半なのでファンフレットモデルも仕様によりますが30万円以内には収まるのではないでしょうか。日本での取り扱いも早く始まると良いですね。

あと個人的には8弦モデルを出してほしいところ。弦が多くなるほどファンフレットの恩恵を受けますからね~。それとできればファンフレットに対応させてあるピックアップも単体で売ってほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月25日

http://ak-metalmaniacs.blog.jp/archives/1043256678.html

少し前に紹介したワッシュバーンのOlaモデルが日本でも販売開始したとの事。

Parallaxeシリーズがいくつか入荷したとのツイートですが一番奥のシースルーブルーのモデルがOlaモデルのSolarです。

デジマートで検索してみると
http://www.digimart.net/search?category12Id=1&keywordAnd=Ola+Englund+Solar+Parallaxe+&x=17&y=6

Solar 16 Trans Blue Matte
http://www.digimart.net/cat01/shop1484/DS03101167/
PX-SOLAR16TBLM

スケールは25.5インチでメイプルネック、エボニー指板でリバースヘッドのセットネック仕様でボディはアッシュ。ピックアップはDuncan Solar pickupというピックアップが搭載されています。
この仕様で価格は税込みで84,240円と手頃な価格となっています。これはなかなか良さそうです。

Solar 170C Carbon Black
http://www.digimart.net/cat01/shop1484/DS03101091/
PX-SOLAR170C

こちらは7弦のつや消しブラックモデル。ボディがアルダーという以外は上記のモデルとほぼ同仕様で価格はなんと税込み74,520円!これも良いですね~。

今のところはこの2機種だけですがこの2機種が入ってきたという事は他の機種も入ってくるかもしれないので8弦モデルやEverTune搭載モデル等が販売される事を期待したいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月22日

PeripheryのMishaやMark、Jeff Loomis等のシグネチュアエフェクターを出しているPro Tone Pedalsの代理店がEverTuneの代理店でもお馴染みのエイリアン・サウンドワークスに決まり取り扱いが開始されました。

まずはエイリアン・サウンドワークスの直販サイトで販売されています。
http://guitar-palace.com/

Jeff Loomisのオーバードライブ、Markモデルのディレイが46,224円、Mishaオーバードライブが42,984円のモデルと32,184円となかなかの強気の価格となっています。それでも入手困難なエフェクターが日本で買えるようになった事は良い事なのではないでしょうか。

あとは店頭で試奏できるようになると良いんですけどね。

Pro Tone Pedalsの公式サイト https://protonepedals.com/

★楽天でprotone pedalsを探す★

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月21日

このブログのコメント欄でタックンさんから教えていただきましたがギター練習用ツールのShredneckに7弦モデルがあるとの事。タックンさん教えていただきありがとうございます。

Shredneckは以前このブログでも紹介しましたがギターのネック部分だけを更に半分以下程の短さにしたような物で弦が張ってあるので実際に押弦しながら運指やピッキングとのコンビネーションを練習したりできるツールです。

http://www.electroharmonix.co.jp/shredneck/index.html
SN7-BK-CH-Black-BG-409x1024
動画
https://www.youtube.com/watch?v=GzZdqK05CPk Shredneck NAMM Show 2009

そして7弦モデルがこちら
http://www.shredneck.com/?p=1703
S7S-BK-CH-7-String-Black-BG-426x1024
現在日本のサイトでは掲載されておらずアメリカのサイトのみ掲載されているので日本での取り扱いはまだのようです。
アメリカのサイトでの直販価格はセール価格で89.99ドル。
http://www.shredneckstore.com/ProductDetails.asp?ProductCode=S7S-BK-CH

6弦モデルの価格を見る限り7弦モデルが仮に日本で販売するとしたら高くても1万5千円以下ですかね。早く日本で取り扱ってくれると良いんですが・・・。

自分はこれまで何度か入院しましたが入院中こういった物を使っていたら指の感覚を衰えさせずに済んだのかもしれません。約50日入院した時は握力を鍛えるフィンガーグリップを使っていたのにもかかわらず退院後ギターを触ったら別人の手みたいな感覚になっていましたから日々弦を押さえるというのは大事なんですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月18日

9月5日にミュージックランドKEYが渋谷店で行われたstrandbergクリニックの動画レポがTuneGateというサイトで公開されています。

http://tunegate.me/P20151111015

動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?list=PLac0La8JFU9NjtjwVXXBTOIswTCM_GmpY&v=88z5jLSLt3E

動画はパート1~4まであり前半はstrandbergギターの製作秘話や質疑応答等、パート3からCynicのPaul MasvidalとPliniのデモ演奏があります。デモ演奏は見応えがありますしOla Strandberg氏の話も興味深いものになっているので興味がある方は見てみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月17日

という事で記事篇です。

2088371512

まず目に入ったのはラウドパークのライヴレポ。今年のラウドパークは10回記念でかなり豪華な出演者だったので見に行きたかったんですよね・・・。ライヴレポでどんな感じだったのか知る事ができましたし来年の2月にはWOWOWで放送するようなのでそれまで楽しみに待ちたいと思います。各バンドのインタビューが掲載されていませんでしたが例年通り次の号ですかね。これも楽しみにしておきます。

そして今月の目玉はビートルズ特集。個人的にはあまり詳しくないので尚更こういった特集で知る機会があるというのは良い事だと思います。今回の特集は11月4日に発売された「THE BEATLES 1」(DVDやBD仕様も有り)にちなんだ特集で収録されている楽曲の解説から始まりポール・マッカトニー御大の2004年のインタビューやビートルズに影響を受けた3人のギタリスト仲井戸“CHABO”麗市氏、 坂崎幸之助氏、アンディ・ティモンズそれぞれがビートルズについて語っていたりバンドの歴史&ディスコグラフィ、使用ギター、奏法(DVDにも収録)が掲載されています。あとPlease Please Meのギタースコアもありますよ~。

インタビューで気になったのがラウドネスの高崎晃先生のインタビュー。先日のニコ生でもあったようにTHUNDER IN THE EASTのリリース30周年記念のTHUNDER IN THE EASTのLimited EditionとUltimate Editionが11月25日に発売されますがインタビューでは当時の事を語っていますがTHUNDER~の頃にFirestormのデモがあったとは知りませんでした。そのデモはUltimate Editionに収録されているようですが3000セット限定で3万円・・・。う~ん厳しい・・・。

インタビューでは他にヴィニー・ムーア先生やクリニックで来日していた達人ガスリー・ゴーヴァン、日本勢では山本恭司氏、44MAGNUMのJIMMY氏、SHOW-YAのsun0go氏、K-A-Z氏、ヤングギターではお馴染みのLeda氏が登場。Leda氏はFAR EAST DIZAINというバンドでの登場ですが8弦ギター(Strandbergも)を使ったDjentなサウンドを出していて今後更に注目が集まりそうです。

あと聖飢魔IIの機材紹介も個人的に気になりました。ギターは勿論アンプ、ペダル類に至るまで詳しく紹介されているので必見です。

その他に機材の記事で気になったのはA-Luminous(アルミナス)というピックアップの記事。このピックアップは以前から気になっていたので構造の紹介、解説や開発者のインタビューも掲載されていたので読み応えのあるものでした。どういったピックアップなのかは動画を見ると分かると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=CLXbGK21c6o
アルミナス vs JB & Jazz《ピックアップ比較動画》

そうそう、新製品情報のコーナーの後にStrandbergの特集がありましたね。OSシリーズ各機種の紹介の他にOla Strandberg氏の生い立ちやギター製作に関するインタビューもあるので興味がある人は読んでみる事をおすすめします。

最後は「ろってぃーのRoad to Guitar Heroine」の第3回ですが今回は弦交換とチューニング。但し弦交換はフェンダーのリペアマンの方が行っています。初心者の方は弦交換するのもなかなか大変でしょうから最初はプロの作業を見て学ぶのが良いのかもしれませんね。
http://youngguitar.jp/rotty
https://www.youtube.com/watch?v=-uXs4r4CS5Y


という事で今月はビートルズやリッケンバッカーの記事があるかと思えばK-A-Z氏やLeda氏の多弦勢やStrandbergの記事があるという新旧幅広い構成になっていて読み応えのあるものでした。来月号はラウドパーク出演者のインタビューに期待したいです。

※PCでのちょこっと立ち読みや記事紹介はこちら
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2088371512

ヤングギター公式サイト http://youngguitar.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月15日

Kiesel Guitarsのヘッドレスギターでも採用されているHipshotのヘッドレスユニットは7弦用モデルまで販売されていましたがやっとの事で8弦用モデルがHipshotのサイトで取り扱いが始まりました。

http://store.hipshotproducts.com/cart.php?m=product_detail&p=415

8_string_headless_guitar_4

価格は450ドルでクロームとブラックは同価格、ゴールドは50ドル追加が必要です。

更にブリッジだけやヘッドピースだけ購入できるというのも魅力的です。

個人的には8弦のヘッドレスを作る場合はファンフレットにしたいと思っているのでブリッジはABM等の他社製にしてヘッドピースだけ欲しいです。

ともあれ8弦用ヘッドレスユニットが発売された事で自作勢は勿論、どこかのメーカーからも8弦のヘッドレスギターを製作してくれる事が期待できそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月14日

という事で今月もヤングギターを購入しました。

IMG_0939

今月の表紙&特集にはビートルズが登場。DVDでもビートルズ関連のコンテンツが含まれています。

今月のDVDのトレーラーはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=JFVuvn89xzg YOUNG GUITAR 2015 December Special DVD Trailer

まずは多弦ギタリストでお馴染みのK-A-Z氏が登場。今回のDVDではサスティニアック搭載の7弦シグネチュアモデルがメインで1フレーズのみ9弦ギターを使用していて8弦ギターは使っていません。デモ演奏ではソロアルバム「Spacious -attacK-A-Zenith Ⅲ-」に収録されているMeteoroidという曲を演奏。Exフレーズはソロアルバム、THE冠、Raglaiaの音源から披露しているとの事。ちなみに9弦ギターを使っている曲はソロアルバムのDistrict 9という曲なので興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。その9弦フレーズの解説では「9弦ギターを持ってない人は4弦ベースを1音半下げにすると同じ音域で演奏できる」との事なのでそちらも興味がある人はやってみると良いかもしれません。Exフレーズはヘヴィなリフから様々なパターンのタッピング等その数10フレーズ、ゆっくりめの速度でも演奏してくれているのでかなり分かりやすくなっています。そして終わりには使用ギター(9弦も)について詳しく語ってくれているので必見ですよ~。

お次は超絶ギターを弾きまくるケリー・サイモン氏が登場。今回は超絶デモ演奏に加え7月に発売されたKelly SIMONZ’s BLIND FAITHの「AT THE GATE OF A NEW WORLD」にちなんだExフレーズを披露してくれていて誌面にはどの曲がどのフレーズなのかも書かれているので一緒にチェックすると良いと思います。ただどのフレーズ超絶フレーズなのでリフ以外は相当練習をしないといけないレベルのものばかり。しかも他のギタリストのようにスローな速度で弾く事は無いスパルタ仕様なのでかなり手強いものになっています。超絶の道は果てしなく遠いようです。終わりの方では使用ギターと機材について語ってくれているのでこちらも必見です。

お次は「魅惑のリヴァプール・サウンド徹底研究」というその名の通りビートルズの(著作権の関係でビートルズ風な)奏法を野村大輔氏によるお手本で身につけようという企画。あくまでビートルズ風なのでオリジナルとはちょっと違ったフレーズですが大体どの曲か分かりますしTAB譜の日本語タイトルを見ればなんとなく分かるでしょう。まぁあくまでそれ風なギターを学びたい人向けでしょうかね。

そしてビートルズ関連のコンテンツはもう一つ。「Taste Of Rickenbacker」というリッケンバッカーの現行6機種を稲葉政裕氏が弾き比べてくれています。個人的にリッケンバッカーは全く知識が無いのでこうやって弾き比べてくれるとそれぞれの個性が分かるのでありがたいです。ただどの機種も高価なので手が出ないんですけどね。そういった意味でも音が聴けるというのは良い企画なのかもしれません。記事の方には構造や製作工程も載っているので興味がある人にはたまらない記事になっています。

最後はニック・ジョンストンの連載講座ですが今回で最終回!最後のフレーズは凄腕バンドPolyphiaのChampagneという曲でゲスト参加したソロのアプローチとの事。最後というだけあってかなりの難関フレーズ。個人的にはちょっとこれを弾くのは無理かも・・・。講座は今回で最後ですがまたいつかDVDに出てほしいですね。

という事で今回は多弦&テクニカルフレーズあり、レトロなギターありで両極端な感じでした。記事の方もパッと見た感じではそんな感じみたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月12日

PRSのSEシリーズのバリトンギターといえばステインドのMike Mushokモデルがありました。
http://www.prsguitars.jp/mushok/index.html
front

PRSのサイトとYouTubeチャンネルではSEシリーズの新たなバリトンギターを紹介しています。

SE 277 Baritone
http://www.prsguitars.com/se277/

black_cherry
Black Cherry

tobacco_sunburst
Tobacco Sunburst

https://www.youtube.com/watch?v=MRlUfJ2C-Bc SE 277 Baritone | PRS Guitars

277の名の通り27.7インチのバリトンスケールで同じスケールのMike Mushokモデルはシグネチュアモデルという事もあってポジションマークも無い特別なルックスでしたが今回のモデルはバードインレイを施された定番のルックスに仕上がっています。動画を見て分かるようにコイルタップもできるようになっているのでヘヴィーなディストーションサウンドから張りのあるクリーンサウンドまで幅広く使えるのが良さそうです。

SE 277 Semi-Hollow Soapbar
http://www.prsguitars.com/se277semihollowsoapbar/
vintage_sunburst
Vintage Sunburst

gray_black
Gray Black

https://www.youtube.com/watch?v=VzcOlqWLdtk SE 277 Semi-Hollow Baritone w/ Soapbar Pickups | PRS Guitars Demo

セミホロウボディにソープバーピックアップというメタル以外のジャンルでも使えそうなスタイルですがディストーションを掛けても意外に使えるヘヴィーサウンドなのが興味深いです。クリーンもしっかりした使える音なので色々なジャンルで使えそうです。

まだ価格や発売時期は分かりませんがSEシリーズなので比較的手頃な価格になるのは間違いないので期待して待つ事にしましょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード