2014年04月

2014年04月29日

NAMM2014でも話題になっていた

Bare Knuckleのピックアップを搭載したIbanezのPrestigeモデルその名もIbanez Prestige Upper-Cutシリーズが日本で登場しました。

http://info.shimamura.co.jp/guitar/news/ 島村楽器より

【エレキギター】Ibanezより限定生産ギター、Bare Knuckle ピックアップ搭載 Prestige Upper-Cut登場!

006c4554.jpg

Ibanez Prestige Upper-Cutシリーズは3機種ありそれぞれ特徴のあるモデルになっています。

 

RGD7UC

http://www.ibanez.co.jp/products/u_eg_page14.php?year=2014&cat_id=1&series_id=2&data_id=268&color=CL01

bedf6955.png

お馴染み26.5インチ仕様の7弦RGDを高級感あるエボニー指板に変更、ピックアップはAftermathを搭載。音の粒立ちが際立つモダンメタルに最適との事。

 

FR6UC

http://www.ibanez.co.jp/products/u_eg_page14.php?year=2014&cat_id=1&series_id=5&data_id=267&color=CL01

2c7ff099.png

テレキャスをよりソリッドにしたようなシェイプのFRをPrestige Upper-Cut化したものでスケールは25.5インチですが工場出荷時のチューニングは一音下げになっているようです。こちらもピックアップはAftermath。

 

ARZ6UC

このモデルのみIbanez USAのサイトに情報がありませんでした。

553c667a.jpg

説明によると”ダウン・チューニングを視野に入れたスケール長”と書かれていますがスケール長までは書かれていません。LPを現代的な仕様にしたようなARZをPrestige Upper-Cut化。ピックアップは高出力のNailbombを搭載しています。

販売価格はイケベ楽器によると

RGD7UCが税込234,900円

http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_rgd7uc/

FR6UCが税込 234,900 円

http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_fr6uc/

ARZUCが税込販売価格275,400円

http://item.rakuten.co.jp/ikebe/ibanez_arz6uc/

というなかなか高めの価格になっています。

発売時期はARZUCのみ7月末の発売予定で残りは5月末の予定となっています。

高価なモデルですがDjent等に最適な仕様になっているのでこれは売れるでしょうね。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月27日

以前にヴォリュームコントロールができるシールドやブースター内蔵シールドを紹介しましたが今度はサウンドレコーダー内蔵!しかもギブソンから登場というのですから驚きです。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20140425_646064.html PC Watchより

Gibson、録音機能付きのオーディオケーブル

ギブソンの製品情報のページ http://www2.gibson.com/Memory-Cable.aspx

37b58fa1.jpg

う~む・・・何とも言い難い形状をしていますね。しかもギターに繋ぐと

0c37ab67.jpg

もうちょっとデザイン的にどうにかならなかったんでしょうか。本体の重みで断線しそうで心配。でも普段シールドとして使っていてアイデアを思い付いた時に録音というのは面白いかも?しかもシールドだから録音を再生する時に繋ぐアンプを変えると同じフレーズを様々なアンプで聴き比べるという事もできそうです。

Musikmesseでの商品説明動画。

https://www.youtube.com/watch?v=13_4IiMaDXs 

Gibson memory Cable - first look

価格は100ドルくらいって言ってます?1万円でレコーダーとシールドが買えるならそれほど高いとは感じませんが日本ではどうなるでしょうね。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月25日

ついにSlayerの新曲が発表されましたよ~。

しかもこの曲は無料でダウンロードできます!

http://www.slayer.net/us/implode

↑こちらのサイトにアクセスしてメルアドを登録するとダウンロードページにアクセスできるメールが届きます。ZIP形式のファイルでダウンロードされるので解凍するとWAV形式の音源になります。

ちょっと面倒だという方はYouTubeでどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=sBG1WLxlQ9M New Slayer Track "Implode" April 2014

う~ん重い!そして適度な速さ!良いじゃないですか。他の曲もこの重さのバンドサウンドになると面白いアルバムになるのはないでしょうか。今後の展開が気になりますね~。

そうそう、検索してみると先日行われたGolden Gods AwardsでのLIVEの動画がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=lyqHvmgo57g Slayer live - Implode(New song) 4-23-14

この重さは7弦ではなく6弦ギターをダウンチューニングしたものでしたか。それにしてもいかついなぁ~。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月23日

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2011/10/spear_guitar_60.html

以前紹介したSPEAR GUITARですが今月のヤングギターの新製品情報のコーナーに7弦モデルが登場していました。

で、早速公式サイト

http://www.spearguitar.jp/ 

http://www.spearguitarusa.com/2014/

を確認したところ7弦モデルの情報は無し・・・。他にはないかと探したら島村楽器のサイトに情報がありました。

http://www.shimamura.co.jp/m-sunamachi/index.php?itemid=126430

Gladius Hard Tail Snake Bite 7strings

6d801442.jpg

なんとヘビ柄!ピックアップはSPEARオリジナルのようです。お値段は64,800円なのでこのルックスならそこそこ手にしやすいのではないでしょうか。

ですが、

ヤングギターに載っていたのはこれではないんですよね。そこで更に探してみたらAmazon UKにたどり着きました。

http://www.amazon.co.uk/7-String-Electric-Guitar-Gladius-Hologram/dp/B00J6Z3NDG

7-String Electric Guitar "SPEAR" Gladius HG Hologram

2a25173e.jpg

これですこれです。ボディトップがホログラム仕様になっているんだとか。仕様も載っていますがマホガニーボディ、メイプルネック、ローズ指板というオーソドックスな仕様のようです。ただ現在は購入できない状態になっているようで・・・。これが日本で買えるようになるのはいつになるでしょうね。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月20日

という事で記事篇です。

3c0aea3b.jpg

DVD篇でも少し書きましたが今月はベテラン勢の記事が多く「ヤング」らしからぬヤングギターとなっています。

まずは何といってもザック先生です。巻頭特集ではなんと14ページに渡って特集が組まれていてインタビュー、ブラック・レーベル・ソサイアティでのディスコグラフィー、そしてザックモデルのギターやエフェクター、アンプを一挙に紹介。そしてDVD連動の奏法特集がありました。表紙の写真でも映っていますがアコギまでトレードマークのサークル(Bullseye)を入れてしまうとは・・・。

お次はガスG.が登場。意外な事に初のソロアルバムを発売したという事でインタビューは制作に関する事を語っています。ソロプロジェクトなのでバンドとは違い数多くのゲストを招いて制作されているのが特徴でビリー・シーンやデイヴィッド・エレフソンも参加しているようです。

楽曲はこんな感じ。

https://www.youtube.com/watch?v=5sddPOg1Bb8 GUS G. - I Am The Fire (feat. Devour The Day) (OFFICIAL VIDEO)

あと収録曲の奏法解説もありますよ~。

その他にもインタビューはベテラン揃いでアンディ・サマーズ、ガンマレイ、テスタメント、マイケル・シェンカーといったそうそうたるメンバーでライヴレポ、機材紹介も含めるとアンディ・ティモンズ、アリス・イン・チェインズといった具合にベテラン勢が名を連ねています。

あと久しぶりにケリーサイモン氏がKelly SIMONZ's BLIND FAITH名義 (参考音源 https://www.youtube.com/watch?v=YBmDOpbYIZw )のアルバムを発売するという事でインタビューで語っていました。

そうそう多弦バンドのインタビューもありました。多弦界隈ではご存知の方もいると思いますがHEAVY METAL NINJASという8弦トリプルギター体制のバンド。

https://www.youtube.com/watch?v=ZzchgqOond8 

Heavy Metal Ninjas - Design

名前も編成も見た目もインパクトがありますが曲は意外にメロディアスでしっとり聴かせてくれます。インタビューでは中心人物のリッチー・アランがバイオグラフィー的な事やバンド結成に至るまでアルバム制作秘話や機材の事まで語っています。でもね、肝心の「何故HEAVY METAL NINJASというバンド名なのか」という質問はしてないんですよねぇ。一番最初にそれが気になるでしょうに。

そして忘れてはいけないのが2月に亡くなったパコ・デ・ルシア氏の追悼企画。個人的にはそれほど詳しくないのでこれまでどういった活動をしてきたのかやプレイスタイル、必聴盤を知る事ができたので参考になりました。

もう一つ追悼の記事というわけではありませんでしたが先日の来日公演から僅かしか経たずに急逝してしまったGWARのシンガー オーデラス・ウランガスの最初で最後の来日公演のレポやギタリストのインタビューは今見ると考えてしまうものがありました。

機材の記事では「ギター”盲点”修正塾 ギター本体編」という記事がありました。ギターのメカニズムに関する基本的な知識をQ&A方式で掲載されていて特にギターを始めてそれほど経っていない人にとってはかなり参考になるものなので保存しておいて損はないかと思います。

奏法記事ではWEB連動の「”記譜法・記号”完全習得道場」という記事がありました。

記事連動の動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=Ln7-GfYvMjI "記譜法・記号"完全習得道場 本誌連動映像 - ヤング・ギター2014年5月号

タイトルの通りヤングギターにも出てくる譜面に記載されている記号等を解説したもので「この記号はどういう奏法を表しているのか」と思った時に確認する事ができます。これもギター初級の方には参考になる記事だと思います。

GITの講師が持ち回りで講座を行うGIT SUMMIT WORKSHOPはDVD篇に書いた通りGIT MASTERS 2014のテーマでの演奏を記事にも使用しています。今回の講師山本安男氏が担当。シュレッドメインでレガート、スウィープを学ぶ事が出来ます。

という事で今月号はベテラン勢満載でしたが、よく考えるとギタリスト界の上部の層が厚すぎてベテランの大物を紹介する機会が多くなるのは当たり前なんですよね。その中にどれだけ若手が切り込めるかが今後の鍵なんでしょう。

来月号は記事にも書かれていましたがアンディ・ティモンズがDVDに登場。ヌーノ・ベッテンコートも登場と予告に書かれていますがこれは記事だけ?DVDも?どちらなんでしょうね。

 

※PCでのちょこっと立ち読みはこちら

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2088371405

※How to get YOUNG GUITAR outside Japan http://youngguitar.jp/2012_10/yg_products/yg_yg/12205

 

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 05月号
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 05月号
価格:¥ 1,000(税込)
発売日:2014-04-10

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月19日

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2013/06/e78_ea2d.html

以前紹介したESP系列の新ブランドE-Ⅱが日本でも取り扱いが始まったとの事。

ESPのプレスリリース

http://www.espguitars.co.jp/press/20140418.html

なるほど~E-IIというのはESP USAが企画、開発してアメリカから世界各国へ発信するブランドなんですね~。多弦のラインナップが多いのもうなずけます。

気になるのはお値段ですが、

↓プライスリスト(PDFファイルへのリンクです)

http://www.espguitars.co.jp/e-ii/2014E-IIJPpricelist.pdf

どのモデルも20万円以上・・・。

でもこのブランドならではの仕様のギターばかりなので需要もある事でしょう。欲を言えばE-Ⅱのラインナップの下位モデルも出してほしいかな?まずは今後の展開を見守っていくとしましょうか。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月17日

ここのところダンカンは8弦用のピックアップを積極的に出していますね~。

今回登場したのはデスメタルやグラインドコア等に特化したピックアップBlack Winterの8弦用モデル!7弦用もありますよ~。

http://www.seymourduncan.com/blog/product-news/black-winter-78-string-now-available/ Seymour Duncan オフィシャルブログより

Black Winter 7/8 String Now Available

製品情報はこちら

8弦モデル

http://www.seymourduncan.com/products/electric/humbucker/78-string/_8_string_black/

c5dba631.jpg

7弦モデル

http://www.seymourduncan.com/products/electric/humbucker/78-string/black_winter_1/

1fcfe3aa.jpg

BlackWinter特有のダンカンロゴはそのままにしっかり7弦、8弦化されています。サウンドの方は現在7弦用の動画はあります。

https://www.youtube.com/watch?v=X-BR30u7En0 Gord Olson - The Black Winter (Black Winter 7 string pickup demo)

音作りにもよりますが速い刻みにもしっかり対応できるサウンドなのではないでしょうか。8弦用はどんな感じなのか聴いてみたいものです。

気になる価格はこちらのショップサイト

http://www.thomann.de/gb/seymour_duncan_black_winter_8_string_set.htm

によるとフロントリアセットで270ユーロとの事で日本円にすると約3万8000円くらいでしょうか。当然の事ながら日本の発売は不明なので今後の情報を待ちたいと思います。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月15日

fb2ee383.jpg

今月もヤングギターを買いました。今月の表紙はザック・ワイルド先生。なにやら見る度に風貌がワイルドになっているような気がしますが・・・そんなザック先生、巻頭特集は勿論、DVDにも出演していますよ~。

今月のDVDのトレーラーはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=dIvgCpa7AXk YOUNG GUITAR 2014 May Special DVD Trailer

では早速ザック先生のパートですが今回はBLSのニューアルバム「Catacombs of the Black Vatican」にちなんだリックをザック先生の解説を交えながら披露してくれています。これまでは6弦をGやAまで下げた重低音ギターが入った曲も収録されていましたが今回は全弦一音下げがメインで6弦をさらに一音下げたドロップCの曲もあるとの事。それでも充分にヘヴィなんですけどね。(参考音源 https://www.youtube.com/watch?v=OFO3yufVCN0 ) 奏法的にはザック節ともいえるペンタトニックをメインにしたフレーズなので難易度的にはそれほど難しくなくともザック先生のようなクリアで粒の揃ってパンチのあるシュレッドはなかなか難しいのでそれを目指す事が一つの課題ではと思いました。後半には使用ギターの解説もあります。

お次はアルター・ブリッジのギターヴォーカルのマイルズ・ケネディが登場。アルター・ブリッジのギターといえばクリードでの活動でも知られるマーク・トレモンティが真っ先に思い浮かびますが諸事情によりDVDの出演は叶わなかったとの事。次回は参加したいそうなので次回を期待しましょう。マイルズ・ケネディは今回「Cry Of Achilles」オケをバックにデモ演奏を披露してそれを切り取ってEx1~3のフレーズとしています。Ex4は「Isolation」のフレーズを参照との事。(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=zfSM_X10Y6M ) 良い曲ですな。アルター・ブリッジは日本でもっと人気が出ても良い気がするんですけどね。

お次は久しぶりの登場の物凄いインパクトのシュレッドを見せてくれるマイク・オーランドが登場。今回も凄まじい速さのシュレッドリックを披露してくれています。(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=7uqkIHpqVRs )いやぁ速い速い!速過ぎて早送りしているみたいですからね。そこで難点だったのがリックを披露してくれる際に速過ぎて何を弾いているのかよく分からないという点。勿論超低速でどんなフレーズか弾いてみせてくれていますが超低速と超高速しかないんですよね・・・。その中間があれば・・・。まぁ元々同じ速さで弾くのは無理があるのでこの速さを見て楽しむのが良いのかもしれませんね。

最後はGIT MASTERS 2014の宣伝を兼ねたGIT講師によるデモ演奏でした。それぞれが個性を持ったソロを弾いているのでTAB譜と解説も付けたら・・・と思ったら今月の連載講座から各講師のソロを解説するみたいです。これは良さそうです。

という事で今回は色々なスタイルのギター演奏を見る事ができました。マイク・オーランドのフレーズに挑戦したいような気がしますがどうやったらあの速さに到達するんでしょうね・・・。

記事の方はぱっと見た感じだと今月もベテラン勢が多いような感じですかね~。

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 05月号 YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 05月号
価格:¥ 1,000(税込)
発売日:2014-04-10

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月13日

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2011/05/post_f2be.html

かなり前にチューンOマチックタイプのブリッジに搭載できるフロイドローズユニットを紹介しましたがその時は販売情報等は不明でした。

ふとしたきっかけで再び検索してみるとFloyd Rose公式サイトに製品情報が掲載されていました。

http://www.floydrose.com/catalog/tremolos/6:frx-series/frx

2c0dbe1e.jpg

そうそうこれですよこれ。T.O.Mとストップバーテイルピースのスタッドの位置にネジ止めできるようになっているのが分かりますね~。

詳しい説明の動画もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=4CVd8MxdcFI NAMM 2014: Floyd Rose FRX Top Mount

実際ユニットが動いている所を見ると興味深いですね。ボディー側にザグリ加工等せずに取り付けられているのが凄い!そして前回紹介した時に気になっていたロックナットは既存のナットを残したうえでヘッド側に少しのネジ穴を開けるだけで取り付けられると語っていますね~。スプリングテンションの調整も容易ですしフローティングの設定もちゃんとできるようですしこれはなかなか良い製品なのかも?ただハードにアーミングしまくると既存のナットがすぐに磨り減ってしまいそうな気も・・・・。

気になるお値段がスタンダードなChromeモデルが259ドル、他にも様々なカラーオプションがあり一番高価なサテンゴールドは398.9ドルとなっています。ただ日本での取り扱いはまだ不明なので今後の情報に注目したいと思います。これを搭載したらうちのトーカイのレスポールタイプでもハードなアーミングができるかな?

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月10日

以前にも紹介した37フレット相当(一部全音階)多フレットギター7弦ベースを登場させたブランドTanatosを扱っている会社KF-Worksの公式サイトがいつの間にかできていました。

http://kf-works.co.jp/products/instruments/index.html

 

37フレットExtra Fret Guiter

http://kf-works.co.jp/products/instruments/guitar.html

34ecd65a.png

 

7弦ベース

http://kf-works.co.jp/products/instruments/bass.html

5af49781.png

公式ページができた事によって詳しいスペックも分かるようになって良い感じですね~。

そしてデモ演奏の動画も掲載されています。

http://kf-works.co.jp/products/instruments/preview.html#Bass

https://www.youtube.com/watch?v=E7kcNCXm3po Extra Frets Guitar & 7 String Bass PV

https://www.youtube.com/watch?v=tdImxnVwxlU Extra Frets Guitar Rock'n'Roll-Lead SSR-150

https://www.youtube.com/watch?v=EagEPsN0oxo 7string bass Low-Tapping CL-150

おお~。良いじゃないですか。こうやって動画で見る事ができると演奏性等少しでも参考になりますからね。

今はラインナップが少ない状態ですが今後興味深いスペックでお値打ち価格のギター、ベースのラインナップが増える事を期待しています。

~2014年7月22日追記~

コメント欄にてTanatosのベースを購入して後に手放された方の感想をいただいています。書き込みありがとうございます。

~2014年8月2日追記~

現在Tanatos7弦ベースを所持して使用されている方からコメント欄に感想をいただきました。こちらの感想は高品質との事。フレット処理に関しても言及されているので参考になると思います。

他にも購入された方がいらっしゃいましたら感想等いただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード