2014年02月

2014年02月28日

Bass VIは知る人ぞ知るギターの1オクターブ下の音を出す30インチの6弦ベースですが希少性や価格面でなかなか手が出ないものでしたがフェンダーの普及価格帯メーカーであるSquierから低価格で販売されるとの事。

http://item.rakuten.co.jp/ikebe/squier_vin_mod_bass_vi/ イケベがより

c171b601.jpg

お~3色カラーバリエーションがあるんですね~。黒白モデルはモダンっぽいですし他の2色はビンテージっぽくて良いじゃないですか。

お値段なんと税込、送料込みで49,980円!勿論ショップによっては価格が変わりますがこの価格帯でこの仕様の物が手に入るというのは嬉しいですね~。

Squierのサイト http://www.fender.jp/squier/products/detail.php?pid=178

30インチのバリトン仕様でバスウッドボディー、メイプルネック、ローズ指板、ピックアップはSquierのジャガーに付いている物かな?レバースイッチはピックアップのオンオフとベースカット機能のオンオフとの事。

動画

https://www.youtube.com/watch?v=O_l3Wb6dDSQ Squier Vintage Modified Bass VI Demo

歪ませるとこんな感じ

https://www.youtube.com/watch?v=K1oSM1jbLJU Bass VI Shootout - Squier Vintage Modified v Fender Pawn Shop Bass VI

シングルコイルなのでメタル系はちょっと厳しい感じですがこの価格なのでピックアップを交換したりブリッジやペグを交換するというのも良いかもしれません。

それにしても6弦ギターと同じ感覚で手軽にLow-Eが出せるというのは魅力ですね~。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月26日

久しぶりに高知の話題を。

といっても毎年紹介していますが3月の高知のイベントといえばこの「土佐のおきゃく」というイベント。

「おきゃく」というのは土佐弁で宴会みたいな感じといえば何となく想像が付くかな?その「おきゃく」を高知中でやってしまおうというのが「土佐のおきゃく」というイベントです。

公式サイト http://www.tosa-okyaku.com/

今年は3月1日~9日までの間に36ものイベントがあります。

イベント一覧 http://www.tosa-okyaku.com/event.html

「おきゃく」というだけあって多数が呑み食いに関係したイベントというのが高知らしいのですがそれ以外にもスポーツや芸術、音楽に関するイベントもあるので幅広い層の人に楽しんでもらえる事間違い無し!

音楽では秋に行われているラ・ラ・ラ音楽祭のミニヴァージョンのラ・ラ・ラ春祭りというイベントもあります。

出演者一覧 http://www.kc-lalala.com/spring_index.html

あと呑み食い関係では路面電車や3セクの列車等が居酒屋になったり商店街の通路が宴会会場になったりという無茶なイベントがあったりと盛りだくさんです。

他にも普段は夏にしか見られないよさこい踊り等もあるので興味がある方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

そうそう、お酒が関係するイベントではくれぐれも飲み過ぎやマナー違反には気を付けて下さいね~。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月22日

去年の11月11日のメタルの日に開催されたニコ生メタル特集「ニコ生REVOLUTION!!!」が今度は本日2月22日21時から開催されますよ~。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140219-00000352-bark-musi Yahoo!ニュースより

ニコ生にメタル再び、メタル天国の3時間

去年は24時間という無茶な企画でしたが今回は3時間に凝縮された生放送になるようです。

 

2014/02/22(土) 開場:20:50 開演:21:00

http://live.nicovideo.jp/watch/lv168348353

例によりトゥルーパー・エンタテインメント、
ビクターエンタテインメント、ワーナーミュージック・ジャパン/ロードランナー・レコードそれぞれが推すアーティストの動画や音源を紹介しますがBEHEMOTHやDREAM THEATER、KILLSWITCH ENGAGE等が紹介されるようですね。これは楽しみDEATH!

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月19日

というわけで記事篇です。

25f84616.jpg

「ヤング」らしからぬ表紙と書きましたが記事の方も「ヤング」らしからぬ重鎮達が登場している内容が多かったです。

ディープ・パープル特集は巻頭19ページだけではなく半ばに奏法特集が12ページ、更にはスコアのコーナーにLazyのギタースコアが掲載されているというパープルだらけのヤングギターとなっています。巻頭特集ではパープルの歴史やディスコグラフィーに加えリッチー・ブラックモア、トミー・ボーリン、スティーヴ・モーズそれぞれのスタイルについての解説や機材紹介、特に語られる事が少ないトミー・ボーリンをしっかり取り上げているのは好感が持てる内容で更にはスティーヴ・モーズのインタビューもあります。奏法特集ではこちらも3人のギタリストそれぞれ特徴的なプレイを抜粋して掲載されています。それにしても来日前にこれだけ特集するという事は来日時にはどんな記事になるんでしょうね。

更に重鎮が登場する内容が続きローリング・ストーンズ特集!こちらも8年ぶりの来日公演を行うという事で記事の方も気合が入っています。こちらも歴史、では、機材紹介奏法解説、Angieのギタースコアといった具合に20ページにわたって特集されています。

更に更にインタビューも大ベテラン勢が続々登場。まずは90年代以来音楽活動をストップしていたエイドリアン・ヴァンデンバーグが復活。Vandenberg's MoonKingsというバンドを率いてアルバムを発売。(参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=dv9UxxWMPBQ )活動停止から復帰に至るまでの経緯やアルバム制作について語っています。

ライヴレポとインタビューにはKAWASAKI ROCK CITY2014というイベントにファイヤーハウス、ウィンガー、Y&Tが登場したという事で記事になっていますがこの面子はかなり久しぶりに見た気がします。

大ベテラン勢以外のインタビューというと海外勢ではBehemothのネルガル氏くらいでしょうか。まぁこのBehemothだけでも物凄いインパクトなんですけどね。(動画はグロテスクなものが多いので音源でhttp://www.youtube.com/watch?v=yosDDDAmE2g )新譜THE SATANISTは7弦を使わず6弦ギターのみでレコーディングされているとの事ですがダウンチューニングする事でヘヴィなサウンドを出しているんですね~。

日本のギタリスト達はe-ZUKA氏、Syu氏、Aldious、CynthiaのYUI嬢といった具合にフレッシュ且つ常連の面々が登場しておりました。

今月はSeymour Duncan Maniacは無し。GIT SUMMIT WORKSHOPは鈴木悠介講師がレガートプレイについてのレッスンが掲載されています。が、動画は無し。やはり動画があった方がわかりやすいので動画がほしいですね。

という事で今月はとにかく「ヤング」らしからぬ重鎮達の内容が多かったですね~。でもレジェンド達の名演を知る事もギターを楽しむうえで重要な要素でもありますからたまにこういうのも良いのかもしれません。まぁ来月はPeripheryが登場する事が確定していますから http://www.youtube.com/watch?v=7Q0O0WRqoA4 「ナウでヤングな(死語)」ヤングギターになる事は間違いないでしょう。来月が楽しみ!

 

※PCでのちょこっと立ち読みはこちら

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2088371401

※How to get YOUNG GUITAR outside Japan http://youngguitar.jp/2012_10/yg_products/yg_yg/12205

 

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 03月号
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 03月号
価格:¥ 980(税込)
発売日:2014-02-10

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月16日

f5deea14.jpg

今月もヤングギターを購入しました。今月も「ヤング」らしからぬ表紙ですね~。4月に来日するディープ・パープルが表紙でかなりのページを割いて特集が組まれています。

DVDの方はこんな感じ。

http://www.youtube.com/watch?v=dBB6lwXQD5Q YOUNG GUITAR 2014 March Special DVD Trailer

先々月に続きブルース・ブイエ先生が登場。前回はポール・ギルバートとロックなジャムを披露していましたが今回は先月発売された(輸入盤ですが)ソロアルバム「The Order of Control」(参考音源 http://www.youtube.com/watch?v=lPL1w32yFy4 )にちなんだリックを披露しています。今回のリックはどちらかと言うと超絶リックではなくメロディーやニュアンスを活かした大人なフレーズですがところどころスキッピングやフラッシーな速弾きが入っていて流石と思わせてくれます。その速弾きもゆっくり弾いてくれているので練習しやすいです。例により機材も紹介していますがギターは先々月に紹介していますからその他の機材を知る事ができるのは良かったです。

お次はBOSS等ローランド製品のデモ動画でも知られているアレックス・ハッチングス先生が登場。今回はLaneyのIRT-Studioという製品のデモを行っています。この製品は15w/1wの切り替えができる真空管アンプでありながらUSBのオーディオインターフェイス機能を持っているのでPCでのレコーディングにも使えるという物。この製品を使ってデモ演奏をしたり機能を解説しています。今回はエクササイズ用のリックの紹介はありませんでした。

お次は「揺れる”アーミング”大捜査線」奏法特集記事と連動したコンテンツで様々なアーミングフレーズをお馴染み藤岡幹大講師が実演しています。さすがにアーミングは実際に音を聴いたり映像を見てみない事には分からない部分がたくさんありますからこういったコンテンツは必要ですね。収録されているフレーズは表情豊かにするヴィブラートやアームダウンから特殊な飛び道具として異質な音を出したりハーモニクスを使ってメロディーを奏でたりといったものまで多様に収録されているので全てを参考にしなくても必要なフレーズだけ学ぶというのも良いかもしれません。

そして最後が個人的に興味深いと思ったコンテンツで「スラスラわかる!グライコ実践講座」というグラフィックイコライザーのみに特化したものでグラフィックイコライザーの効果を実際に音を聴いて確認できるという便利な特集になっています。特に初心者だとイコライザーの使い方がわからなかったりどういった音の変化があるのか分からない事があるのでこうやって実際に変化を聴く事ができるというのは良いと思います。このシリーズでコンプレッサー等の効果が分かりにくいエフェクターを特集するのは良いかもしれませんね。

という事で今回は超絶なフレーズ等が無かったので少し大人しめの内容でしたがイコライザーの特集はなかなか良かったです。

記事の方はどんな感じでしょうかね。

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 03月号 YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2014年 03月号
価格:¥ 980(税込)
発売日:2014-02-10

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月14日

Peripheryの来日公演が行われて数日経ちましたが未だにその余韻に浸っています。

ライヴ見に行ってませんけど。

というのもインディー時代の2007年からずっと動向を見守ってきたバンドですからそりゃ来日したら感慨深いものがありますよ。

いつくらいから注目していたのかなと思ったらどうやらブログの初出はこの辺りのようです。

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2007/11/post_aeee.html

当時からいくつものデモ曲を公開していてどの曲も凄かったんですが自分が聴いて衝撃を受けたのがこの曲。当時はBulbという名義で公開していました。

http://www.youtube.com/watch?v=H0zTTgl4Gk4 

Periphery - "Absolomb"

2007年でこのクオリティですからね。今やDjentバンドが氾濫していますが2007年の時点でそれらを凌駕していますからね。当時はとんでもないギタリストがあらわれたと感激して打ち震えた事を今でも覚えています。でもこの曲はCDに収録されてないんですよね。

あとCDに収録されているRacecarのデモも凄かった事を覚えています。

http://www.youtube.com/watch?v=Qe-d9POoErY Bulb - Racecar | Part I

 

あとこれもCD化されてなくヴォーカルが過去のメンバーだった頃の曲。

http://www.youtube.com/watch?v=p9h92riLKzk Bulb ft. Jake Veredika - Next Please

 

2004年の頃の曲はメシュガーなリフとPeriphery的なクリーンパートが融合しています。

http://www.youtube.com/watch?v=e03DxWLkopE Bulb - Logical

その他YouTubeのPeripheryTVチャンネルにもまとまった形で公開されているのでこちらも聴いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=y0vIroSrG-0 

Periphery - Juggernaut Demos [HD]

更にこれら以外にも膨大な曲を作っては無料で公開していて探せば色々と出てきますがどれも凄いクオリティ!いっその事アウトテイク集としてまとめてCD化してほしいくらいです。となるとCDが数枚のボックス仕様になりそうですけどね。

そうそう、来月発売のヤングギター4月号のDVDはそのPeripheryが登場するようですよ!

http://www.youtube.com/watch?v=7Q0O0WRqoA4 

ペリフェリー Periphery:ヤング・ギター2014年4月号付録DVDメイキング映像

BulbことMisha Mansoorはあれだけの速くて複雑なリフを弾くのにゆっくり弾けないというのがお茶目というか今までゆっくり弾く必要が無かったんでしょうね。ともあれ来月が楽しみです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月09日

久しぶりにEMGの公式サイトにアクセスしてみたら9弦ギター用のEMG 909とEMG 909Xのページができていました。これまで何度か紹介してきましたがようやく販売されるんですね~。

EMG 909

http://www.emgpickups.com/guitar/7-and-8-string/nine-string/909.html

b314289a.jpg

 

EMG 909X

http://www.emgpickups.com/guitar/7-and-8-string/nine-string/909x.html

cae7479f.jpg

やはり単体で見ると長いですね~。

お値段も記載されていますが909、909X共に119.99ドル!これだけ特殊な仕様なのに普通のピックアップとさほど変わらないというのは嬉しい限り。自分も9弦ギターを手にする事があれば購入の検討をするかもしれません。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月07日

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2013/11/halo_5b50.html

以前紹介したHaloのウェブ上でギターをカスタマイズできるツールが7弦に対応したとの事。

http://www.haloguitars.com/store/custom-guitars.html

以前はGeneral Optionsで7stringを選んでも画像は6弦のままでしたが現在はきちんと画像にも7弦が反映されるようになっています。

という事で7弦でいくつかカスタマイズしてみました。

 

5e7e61b1.jpg

7弦LPシェイプにEMGの金属カバーのモデルをチョイス。キルトトップで高級感が良い感じに出ています。

   

04b2c915.jpg

7弦用EverTuneブリッジにリヴァースヘッドという鉄板構成。ピックアップはこれもEMGです。

 

お次は7弦ファンフレットでちょっと変わったシェイプのものを・・・と思っていじっていたらこんな感じになりました。

e85d4da4.jpg

ちょっとヴァイオリンっぽい感じを醸し出していますがカッタウェイがあるのでちょっと変わった感じがします。fホールを付ければそれっぽい感じになりますかね。

という感じで色々と遊べますので興味がある人はやってみてください。そして気に入ったデザインができれば実際に見積額も出ますしHaloにオーダーする事もできますよ~。

というかそれが本来の使い方なんですけどね。

~2014年2月9日追記~

8弦も利用できるようになっていたので色々作ってみました。

c6996c04.jpg

9f94b393.jpg

010d6b9d.jpg

b77f9901.jpg

ab5dccab.jpg

トラディショナルなシェイプでも8弦化、ファンフレット化できるのが面白いですね。これを参考に今後自分が製作するギターを考えるのも良いかもしれません。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月06日

Washburn Parallaxeシリーズはこれまで何度か紹介してきましたがこれまでサイトはこちら http://www.washburn.com/parallaxe/ で1ページに各機種の写真やスペックが掲載されたページしかありませんでしたが久しぶりにアクセスしてみると各機種個別の情報が見られるようになっていました。

http://www.washburn.com/products/electric/series/Parallaxe.html

そして件の7弦29フレットモデルがこちら

http://www.washburn.com/products/electric/PXS297FRB.html

781fd5f4.jpg

PXS297FRBという機種で以前からTwitterやFacebookでは画像が出回っていましたが詳細なスペックをようやく知る事ができました。マホガニーボディー、メイプルネック、エボニー指板でFRTを搭載、ピックアップはDuncanのフロントがSSL5-7、リアがSH6-7という出力が高めのピックアップなのでメタルやシュレッドに向いてそうです。

そしてこのギターはジョイント部分もなだらかに処理されているのでハイフレットの演奏性もかなり良さそうです。

0d2b3cc5.jpg

 

勿論6弦モデルPXS29FRTBBMもあります。

http://www.washburn.com/products/electric/PXS29FRTBBM.html

57b3090b.jpg

4aa4dea8.jpg

こちらは杢目が綺麗なシースルーブラックで高級感がありますね。

Ibanezの30フレットギターはかなり無茶なカッタウェイでしたがWashburnの方はあまり無茶を感じさせないのが良い感じです。価格面ではおそらくWashburn Parallaxeシリーズが7~9万円くらいの価格帯なのでこれらの29フレットモデルもそれくらいか少し高めの価格になるのではないでしょうか。

Washburn Parallaxeその他にもOla EnglundのシグネチュアモデルのSolar

2db8db63.jpg

もこれから販売されるようですし今後が楽しみのシリーズになる事は間違いないでしょう。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月03日

Dean Guitarsの公式サイトにアクセスしてみたら2014年モデルのページができていました。

http://www.deanguitars.com/newfor2014.php

カタログもダウンロードする事ができます。

が、8弦が見当たりませんね~。そこでDeanの公式ショップサイトで探してみるとありましたありました。

 

Custom 850X 8 String - Classic Black

http://shop.deanguitars.com/p/custom-850x-8-string-classic-black/electric_7-8-string-models?pp=12

3d32dfd3.jpg

SCHECTERのC8やESPのホライゾンのようなアーチドトップの定番ボディーシェイプですが目を引くのがお値段。なんと399ドル!いよいよDeanにも普及価格帯のモデルが登場しましたか。バスウッドボディにメイプルネック、ローズ指板でスケールがちょっと控えめの26.5インチ。ピックアップはオリジナルですかね。この価格なのでピックアップは交換を前提に購入するのも良いかもしれません。

 

同じシェイプの7弦もあります。

Custom 750 7 String - Classic Black

http://shop.deanguitars.com/p/custom-750-7-string-classic-black?pp=12

c4f1c8ab.jpg

こちらはピックアップがEMG 707だったりボディーがマホガニーだったりとちょっとフレードが上で価格も699ドルで少し高くなっています。

 

もう1本新しい7弦がありこちらはLPっぽいシングルカッタウェイの7弦です。

Thoroughbred Stealth 7 String - Black Sating w/EMGs

http://shop.deanguitars.com/p/thoroughbred-stealth-7-string-black-sating-w-emgs/electric_7-8-string-models?pp=12

6b4b97d3.jpg

スペックもレスポール的なスペックでピックアップはEMG 707となっています。艶消し黒なのが良い感じ!お値段は749ドル。

 

そしてこれは2014年モデルというわけではありませんが他のショップサイトで見つけました。

ML Modifier-8CB LTD

http://www.thomann.de/gb/dean_guitars_ml_modifier_8cb_ltd.htm

35799646.jpg

ML Modifierと書かれていますがModifierって角がとれて丸みを帯びたデザインなんですよね。

56a7f5c3.jpg

上のモデルの方はフラットでバインディングが巻かれているのでModifierというより無印のMLなのでは?LTDの文字があるのでカタログ外のスポット生産品なのかも?お値段は479ユーロで66,000円くらいでしょうか。このフラットトップモデルでカラーバリエーションがあったりフロイドローズモデルが出たりしたらDeanぽくて良いんですけどね。

Deanも少しずつ多弦が充実してきましたがあとはRazorbackの8弦とか出してくれないですかね~。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード