2011年06月

2011年06月30日

新ドラマーがマイク・マンジーニに決定して早くも新メンバー体制での新曲がYouTubeにて発表されました。

http://www.youtube.com/watch?v=oasnbzEMV08 Dream Theater - On The Backs Of Angels

ほほぅ~ドラマーが代わるだけで結構変わるものなんですね~。ポートノイが緩急を付けるタイプとしたらマンジーニはストレートな感じでしょうか。今回はメロディアスなミドルナンバーですが7弦ギターを使ったヘヴィーでストレートな感じだと本領を発揮するかも?テクニカルでアグレッシブな曲だとどんな感じになるのかも気になります。アルバムもどんな感じになるんでしょうね。

あと過去の曲をどう叩くか気になります。ライヴなどこれからの活動に注目したいと思います。

そういえばマイク・ポートノイはどうしてるんでしょう?

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の一月に発表、そして受注生産ですが発売された驚異の30フレットギターRG2011SC-BKの7弦モデルの写真がAll Shall Perish(RG2011SC-BKのデモ動画でプレイしていたFrancesco Artusatoが所属するバンド)のFacebookで公開されているとの事。

http://www.sevenstring.org/forum/sevenstring-guitars/162755-francesco-artusatos-30-fret-lacs-rg7.html sevenstring.orgより

Facebook http://www.facebook.com/allshallperish

画像はこちら

https://www.facebook.com/francescoartusatomusic/posts/128321333921494

どうやらLAカスタムショップによるもののようですが7弦だと更にインパクトがあるルックスになっていますね~。でもネックの太さだとこれくらい太い方が様になっているかな?

これで重低音から超高音まで補えるようになった事でしょうからさぞかし強力な武器になるでしょうね。う~ん羨ましい・・・。

反響次第だと思いますが果たして市販化されるのでしょうか・・・の前に6弦のRG2011SC-BKは売れたんでしょうかね・・・。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月28日

何やら凄いタイトルですがこれはピックアップの名前です。

パッシヴピックアップでありながらノイズが少ない事で知られるレースセンサーを製作しているLACE http://www.lacemusic.com/ の新商品がこのAlumitone Deathbucker。

http://gakki.me/n/data/2011033102.html 楽器.meより

キラーギターズ、Lace「Alumitone Deathbucker」をリリース!
(へヴィメタル専用に開発された高出力ギターピックアップ)

91239afa.jpg

その名の通りメタル専用に開発されたピックアップで高出力のピックアップなんだとか。それにしてもこのルックス!このAlumitoneシリーズはコイルが無い構造なんだそうです。もちろんパッシヴでローノイズ!これはどんな音か気になりますね~。YouTubeを検索してみましたが良い感じの動画が無かったので良い動画が見つかった時にでもまた紹介しようと思います。

お値段は定価21000円、販売価格は16800 円。やはり他のピックアップに比べ若干高いですね・・・。

ここのところ多弦のピックアップばかり調べていたので全然知らなかったんですがこのLACEは色々なピックアップを出しているんですね~。

http://www.killer.jp/lace/index.html キラーギターズより

特に興味深いのはドロップDチューニング用にカスタマイズされたDrop and Gain(何故かネック用のみ)

http://www.killer.jp/lace/dropgain.html

今後6弦用のピックアップを選ぶ時はLACEのピックアップも候補に入れようと思いました。

★楽天市場でAlumitone Deathbuckeを探す★

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月25日

最近こういった無料ダウンロードのプロモーションが増えていますね。今回はアンスラックス!

BLABBERMOUTH.NETにて紹介されていました。

http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=159858

上記のサイトでそのままストリーミングで聴く事もできます。

ダウンロードサイトはこちら

http://media.nuclearblast.de/download/gratisdownload/index.php?link_kampagne=Anthrax-fightemtillyoucant

例によりメールアドレスを入力して「Send」をクリック、送られてきたメールにダウンロードページのURLとアクセスコードが書かれているのでダウンロードページにアクセス後アクセスコードを入力するとダウンロードする事ができます。

ダウンロードする環境にない方やYouTubeならアクセスできるという方はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=nzDmgn-G2FM ANTHRAX - Fight´em ´til You Can´t (new Song)

曲自体はライヴでも披露されていましたがこうやってちゃんとした音源になるとさらにカッコイイですね~。ギターサウンドのせいなのか最初のリフのせいなのか最初ちょっとメタリカが頭をよぎりましたが中盤はANTHRAX節、ただサビはちょっと意外な感じ。現在のヴォーカルはジョーイ・ベラドナですがジョン・ブッシュ辺りが唄うとまた違った印象の曲になっていたかも?

ニューアルバムは9月の13日の発売の予定ですがはてさてどんなアルバムになるんでしょう?そして震災の影響でキャンセルになった来日公演は再来日してくれるのでしょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

ディマジオ初の8弦ギター用ピックアップD Activator 8が国内での取り扱いが始まっているようでリットーミュージックのサイトにて紹介されていました。

http://port.rittor-music.co.jp/guitar/productnews/guitarparts/20444.php

ディマジオより8弦ギター用ハムバッキング・ピックアップが登場

ディマジオ公式サイトのページはこちら

http://www.dimarzio.jp/pu/8st/dp819.html

http://www.dimarzio.jp/pu/8st/dp820.html

へぇ~。まだ8弦ギター用ピックアップの標準規格が存在しないのでどのようにも取り付けられるようにマウント用の穴が片側に3つずつ空いているんですね~。それに特筆すべきは付属品の多さ!ダイレクトマウント用とエスカッションマウント用、それぞれのビスとスプリングが付属していて更にはダイレクトマウントをする場合ネジ穴を広げる必要が有るためその作業に使う為のドリルビットまで付属しているという至れり尽くせりな内容となっています。

気になるお値段は・・・17850円!!高っ!!

でもこれは定価で販売サイトを巡ってみると1万3千円前後の価格のようです。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/DP819/-/

なので国内の7弦ギター用ピックアップよりほんの少しだけアップしたくらいの価格ですかね。

これに続いて色々な8弦用パーツが発売されると良いなぁ~。

【ハムバッカー・ピックアップ】DiMarzio D Activat...

【ハムバッカー・ピックアップ】DiMarzio D Activat...
価格:13,335円(税込、送料別)

【ハムバッカー・ピックアップ】DiMarzio D Activato...

【ハムバッカー・ピックアップ】DiMarzio D Activato...
価格:13,335円(税込、送料別)

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月24日

ついに発売となったトニー・マカパインのニューアルバムからPyrokinesisという曲のPV(といって良いのでしょうか)がYouTubeにUPされていました。

http://www.youtube.com/watch?v=1q4kJ03E2h0 Pyrokinesis - Tony MacAlpine

PVというよりヤングギターのDVDのデモ演奏のような感じですね。今回のアルバムは8弦ギターも使用しているとインタビューで語っていましたが今回の曲では7弦を使用・・・。アルバムのジャケット写真でも8弦を持っているくらいですからできればPVも8弦を使用したものを期待していたんですけどね~。

これまで試聴した曲もヘヴィ度が若干抑えられているような感じだったので自分としてはちょっと購入をためらっています。

あとは8弦を使ったライヴの動画でもUPされる事を期待しましょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月21日

GIGAZINEで珍しくギターに関する記事がありました。

http://gigazine.net/news/20110620_43_amazing_guitars/

おっ!?いきなりアンジェロ先生のクアッドギターが登場!!こちらは旧型ですができれば新型の方を紹介してほしいところ。

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/2010/11/post_a3e0.html

ライフル型のギターはたしかescopetarra(エスコペターラ)というギターで平和の為に「銃からギターに持ち替えよう」と本物の銃をギターに改造した物だったと記憶しています。

他にも高見沢さんが所持していた剣ギターや高中正義さんのサーフボードやリック・ニールセンの5ネックやらピカソギターやらありますね~。

自分も一時期ブログで色々なインパクトのあるギターを紹介していましたが

http://ak-metalmaniacs.blogzine.jp/metalmaniacs/cat5242741/

(↑こちらのカテゴリの中で紹介しています。)

自分がかなり衝撃を受けたのが京本政樹さんのTHE 必殺 SAMURAI KYOMOTO SPECIAL

http://www.espguitars.co.jp/gallery/kyomoto/samurai/index.html

と井波彫刻の技術で作られた「龍剣」

http://www.inamichoukoku.com/newinami/musical/sample1.html

京本さんのギターは刀が仕込まれているですよね。龍剣の方は芸術ですね~。

これだけインパクトのあるギターが並んでいますがやっぱりせっかく作ったからにはアンジェロ先生やリック・ニールセンを見習ってきちんと演奏してほしいですね。12本ネックも台に置いて上下に移動しながら弾けるはず!

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月18日

6651f692.png

いや~病院での待ち時間にはヤングギターを読むに限りますね~。

という事で記事をしっかり読みましたので感想などを。

今月号の記事は懐かしい面々、ベテラン勢が多く目立った印象を受けました。

インタビューではジャーニーのニール・ショーン、シンフォニーXのマイケル・ロメオ、ナイトレンジャーのブラッド・ギルス、ニール・ザザ、マイケル・トンプソンという面々、一瞬自分が学生の頃にヤングギターを読んでいた時にも目にしたギタリスト達ですからね~。それぞれニューアルバムの発売に伴ってのインタビューでアルバム制作のエピソードや機材について語っていますが注目はやはりシンフォニーXのマイケル・ロメオ!YouTubeにて新曲が公開されていますが今回も強力なギタープレイを聴かせてくれます。 http://www.youtube.com/watch?v=qkfdgc5vP8U SYMPHONY X - The End of Innocence (ICONOCLAST)

マイケル・ロメオの場合はできる事ならDVDにも出演してほしかったです。過去にも出演していたようですが手が小さい彼のプレイは比較的手が小さい日本人にとって大いに参考になりますからね~(凄すぎて参考にならない事もあるかもしれませんが)今後に期待したいと思います。

そうそう凄すぎで思い出しましたが忘れていけないのが表紙の二人。ポール師匠は今回の来日公演のエピソードと共にこれまでのライヴで使用された主な機材の写真を解説とともに掲載してあります。ファンの方や機材に興味がある方には見ごたえのある記事でしょう。

もう一人の「凄すぎ」はランディー・ローズ。オジー・オズボーンのソロデビュー30周年を記念したBLIZZARD OF OZZとDIARY OF A MADMANの記念盤と記念BOX SET、さらにはヤングギターの増刊WIZARDS OF OZZというムックも発売という事もありオジーのインタビューと奏法特集が掲載されています。

さらに超絶プレイを!という方にオススメなのがマグナカルタレーベル特集。この前のシュラプネル・レコーズ音源の再発に続き今度はプログレ系レーベルのマグナカルタの名盤をデジタルリマスター&紙ジャケット仕様で復活!という事で今回発売される音源の解説やその他の名盤、TAB譜付き奏法解説にて特集を組んでいます。ちなみに今回発売されるのはMAGELLANの「HOUR OF RESTRATION」、SHADOW GALLERYの「SHADOW GALLERY」と「CARVED IN STONE」、BOZZIO LEVIN STEVENSの「BLACK LIGHT SYNDROME」、LIQUID TENSION EXPERIMENTの「LIQUID TENSION EXPERIMENT」、EXPLOERES CLUBの「AGE OF IMPACT」と「RAISING THE MAMMOTH」、STEVE STEVENSの「MEMORY CRASH」イエスのトリビュートアルバムの「TALES FROM YESTERDAY」ラッシュのトリビュートアルバムの「WORKING MAN」の10作品となっています。先ほど調べてみたら現在も続いていて公式サイトを見てみると新しい音源としてはクリス・ブロデリックの前のメガデスのギタリストであるグレン・ドローヴァーのソロアルバムがあったりとなかなか興味深いものになっています。

http://www.magnacarta.net/

他にも奏法系の記事ではハーモニクス虎の巻というハーモニクスに特化した特集があり基本のハーモニクスポイントの紹介からトリッキーな技まで掲載されていますがハーモニクスは初心者の方にはなかなか取っ付きにくいものでしょうからこういった特集こそDVDが向いているのに思いました。

最後に連載ギター製作紹介の今月の記事は指板のインレイ加工、バインディング処理。今回の製作ではかなり凝った作りのギターになるようで細かいインレイ細工を行っています。やはりこういった作業にはドレメルのルーターを使うんですね~。

今月の記事はこんな感じでした。来月号は通巻600号なんだそうです。お~めでたい!予告によるとDVDは若き鋼鉄将軍という事は前作は「将軍」というタイトルのアルバムを発売した彼らでしょうかね~。これは楽しみ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月17日

前回の診察から8週間経ったので病院に行ってきました。

今回は通常の血液検査に加え超音波検査をしなくてはいけないので検査が終わるまでは食事できない!超音波検査は10時から・・・。正直かなりお腹が減りました。

皮膚科は例により長い待ち時間と短い診察で特に変化無し!変化が無いというのはまぁ順調という事でしょう。そしていざ超音波検査ですが・・・結果から言うと前回からかなり経っているのに劇的な変化は無かったようで・・・。でも変化が無くて良かったものもあります。心配していた胆嚢のポリープはこちらも大きさや数に変化が無かったので悪性のものではなくおそらくコレステロールポリープと呼ばれるもので心配する必要は無いとの事。まぁそれが分かっただけでも良しとしますか。

ただ良好な結果を望んでいただけにちょっと残念な気持ち。次に超音波検査を行う時には良い結果になりますように。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月16日

86f1ce9e.jpg

という事で先日ヤングギターを購入しました。今月の表紙はポール師匠と片隅にはランディー・ローズ、といってもDVDに出演しているという訳ではありません。

今月のDVDはシンコーミュージックの紹介ページによると

SPECIAL DVD ★"巧者"と"教授"による誌上プレイ・レクチャー開講!

と何だか凄く気になるタイトル。例によってYouTubeでのDVD紹介動画はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=C8bEg017MUQ YOUNG GUITAR Special DVD Trailer 2011 July

という事で今回のDVDの巧者とはストーン・サワーのJosh Rand(ジョシュ・ランド)で教授とはかのバークリー音楽大学にて教授(Professor)を務めるJon Finn(ジョン・フィン)。過去にはヤングギターで連載講座を行っていたジョシュと今回新たに連載講座を始めるジョン教授がリック・デモを披露してくれています。そして待望の弾き比べ特集では最近続々登場している小型のチューブアンプを弾き比べ!

まずはジョシュさんですがストーン・サワーのギタリスト(参考動画 http://www.youtube.com/watch?v=yJckTdrloG8 )という事だけあってヘヴィーなリフを中心にスウィープやスキッピングも披露しています。ちょっと緊張気味なのか若干堅い感じがしますがヘヴィーなリフは流石!といった感じ。フレーズ自体もコピーしやすいフレーズなのでヘヴィーなリフワークを身につけたい方には良いかと思います。ただ注意しないといけないのがチューニング。今回のコンテンツではレギュラー、ドロップB,ドロップC,1音下げ、オープンCの5種類!のチューニングを用いてプレイしているので注意が必要です。

次にジョン教授のコンテンツですがこれがなかなか良い感じです。今までジョン教授の事を知らなかったんですがバークリーで教えているだけあってテクニックは抜群!加えて表現力も豊かなんですから何故今まで知らなかったんだろうと思いました。(参考動画 http://www.youtube.com/watch?v=Wc4slu4bIJU

連載講座一回目はアルペジオ。きちんと音楽理論に基づいて解説、実演してくれているので理論を学びながらテクニックを身に付けられそうです。

そして待望のミニアンプ弾き比べには今回CARVIN"V3M"/ ENGL"Gig Master 15 Head"/ Hayden"Mini MoFo"/ IBANEZ"TSA15H"/ MARSHALL"Class5"/ MESA BOOGIE"TransAtlantic TA-15"/ ORANGE"Dual Terror"といった7機種の小型チューブアンプが勢揃い。マーシャルのみコンボアンプですが他は最近流行りの5w、15wくらいのスタックミニアンプ。自分もちょっと気になっていたのでこうやって一度にサウンドを聴き比べる事ができて良かったです。個人的にはENGL,ORANGE辺りが良い感じでした。写真のみの登場だったKRANKも聴いてみたかったなぁ~。

今回のDVDはこんな感じでしたが記事はどんな感じでしょうかね~。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード