アキラのMETAL MANIACS.

MANIACJUDOのGtアキラが綴るMETAL&多弦コラムと闘病記

2011年05月

《1959年のフェンダー工場見学》

こんな動画を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=nswcAPvH0P8 Fender Factory Tour 1959

タイトルと動画の説明によると1959年のフェンダーの工場の様子を撮影したものとの事。フィルムで撮影されているものをデジタル化したようです。

製作の過程はバンドソー(帯ノコ)で外径をカットしてピンルーターで成形、キャビティー加工を行いベルトサンダーや手作業でサンディングを行うという現在でも小規模な工房などで行われている作業がそのまま行われていますね~。意外にも作業している方は普通の服装の普通のパートさんみたいな人ばかりで女性が多いというのも意外でした。おそらく各工程は職人じゃなくてもこなせるようになっているんでしょうね。そして一つの作業を専門に行う事で専門技術が見に付くようになっているんでしょう。

こうやって名機の数々が生産されていたかと思うと感慨深いものです。

同じ時代のギブソンの製作映像は存在するんでしょうか。あるものなら見てみたいものです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

《7弦ギター用スケール表作成中》

地獄の7弦の教則本を実践しているとやはり7弦ギター用のスケール表もあった方が良いかなと思い現在作成中です。

1c8ba6c0.jpg

上の表はメジャー、マイナーそれぞれのペンタトニックスケールを表にしたものです。今回も8弦ギター用スケール表の時と同じくノーマルチューニングとドロップチューニングに対応したものを作成しています。

ちなみに以前作成した8弦用のスケール表はこちら

http://www.maniacjudo.com/metalgarage/8string&extendedrange/8stringscale.html

こうやって作成していて気付いたんですがドロップチューニング用のスケール表ってあまりお目に掛かった事がないんですよね。

7弦用が完成したら次は6弦のドロップチューニング用でも作りましょうかね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

《7弦地獄の次が早くも登場》

7弦版地獄のメカニカル・トレーニングが発売して1ヶ月ほどしか経っていないのに早くも新作ですか!?

http://www.rittor-music.co.jp/books/10217102.html リットーミュージックより

6be2a20f.jpg

タイトルはズバリ「地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ 驚速DVDで弟子入り!編」という事で7弦版に引き続きDVDとCD両方付いたムックになっています。

DVDのサンプルの動画はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=22OkNC44x9s ギター・マガジン 地獄のメカニカル 驚速DVDで弟子入り!編

毎度お馴染みの格好で丁寧に解説してますね~。今回は6弦版なので7弦版との違いはどんな感じなのか気になるところ。上記のリットーミュージックのサイトではCDに収録している音源も試聴する事ができるので7弦版と聴き比べてみるのも良いかもしれません。

7弦版はこちら

http://www.rittor-music.co.jp/books/10217103.html

自分はまだ7弦版に苦戦中ですので7弦版をやり遂げてから購入するか考えようと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

《レスポールに搭載できるフロイドローズ》

レスポールに搭載できるフロイドローズの新ユニットがヤングギターの4月号に掲載されているNAMM 2011のレポートの片隅に紹介されていたんですが、当時ネットで検索してもそれらしい情報が無かったのでブログで紹介していませんでしたが久しぶりに検索してみると情報がありました。

http://www.bestofnamm.com/products/view/les-paul-retro-fit-floyd-rose

写真はこちら(直リンクしない為にURLのhを外しています)

ttp://www.bestofnamm.com/img/gallery_images/184_480_wide.jpg

エンブレムが入ったプレートがあるあたりはちょっとビグスビーっぽい感じがしますね~。おそらくこのプレートにある穴にブリッジとテイルピースのスタッドのネジを取り付けるんでしょう。フロイドローズは過去にも似たようなコンセプトのユニットを出していたと記憶していますが形状が違うだけにユニットの仕組み自体も異なるのでしょうか。アームアップができるのかも気になります。

それからボディーにはほぼ無加工で取り付けられるでしょうけど問題はナット。ロックタイプのナットを付ける為に加工が必要なのかどうか気になります。

あと気になるのはやはりお値段。以前紹介したレスポールに無加工で取り付けられるアームユニットのステッツバーは安い物で4万円ほどの価格だったので通常のフロイドローズより少し高いくらいなら良いんですけどね。

レスポールで気軽にハーモニクス・スクウィールができる日は果たしてやってくるんでしょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

《BATTLECROSSが良い感じ》

YouTubeのMetal Blade Recordsチャンネルでニューアルバムの予告編の動画を見たんですがこれがなかなか良さそうな感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=qBviI0UQ6RA Battlecross Teaser Video

僅か1分程の動画ですが引き付けられてしまいました。スラッシー且つメロディアスでアグレッシヴなリフワークや気持ちの良い速さやテンポ感が良い感じです。

MySpaceでは楽曲を3曲聴く事ができますがどれも良い感じです。

http://www.myspace.com/battlecross

アグレッシヴなリフワークは新しい感じがしますが所々オールドスクール的な雰囲気がするのが気になった理由なのかもしれません。

バンドの公式チャンネルではレコーディングの様子等も見る事ができますが楽器隊が上手い!特にベーシストは結構なテクニックを持っているのではないでしょうか。

http://www.youtube.com/user/battlecrossmi#p/u

amazonで検索してみるとPush Pull Destroyというアルバムを去年発売しているようです。そして今年Metal Blade Recordsと契約してアルバムを発売するようなので今後が楽しみです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ image

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。

《ドリーム・シアターの新ドラマー決定》

10日ほど前からYouTubeにてドリーム・シアターの新ドラマーオーディションの様子がUPされていましたが昨日UPされたエピソード3にて新たなドラマーが決定しました。

動画はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=L609JsPFmmI Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 1

http://www.youtube.com/watch?v=-vaDfcKzLbY Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 2

http://www.youtube.com/watch?v=2QHMQjH17aw Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 3

全部で1時間ほどあるのでこの連休にまとめて見るのも良いのではないでしょうか。

オーディションはまずは動画での審査の後選ばれた7人のドラマーをドリーム・シアターのメンバーが直接審査するというもので内容は課題曲(A Nightmare to Remember)をバンドで演奏、ジャムセッション、曲のモチーフになるリフからドラムのフレーズを考えてバンドでプレイ、そして面接(というかメンバーとの会話ですね)をするというもの。これらの課程で各々の長所や短所等が見えてくるんですからよく考えられたものです。

7人のメンバーは

http://www.roadrunnerrecords.co.jp/page/News?news_id=109477 によると

・マイク・マンジーニ(STEVE VAI、ANNIHILATOR、EXTREAM)
・デレク・ロディ(HATE ETERNAL、MALEVOLENT CREATION、SERPENT'S RISE)
・トーマス・ラング(ジョン・ウェットン(KING CRIMSON)、ミック・ジョーンズ(THE CLASH) グレン・ヒューズ(DEEP PURPLE))
・ヴァージル・ドナティ(PLANET X、SOUTHERN SONS、STEVE VAI)
・マルコ・ミネマン(PAUL GILBERT、エイドリアン・ブリュー(KING CRIMSON)、KREATOR、NECROPHAGIST)
・アキレス・プリースター(ANGRA、HANGER、FREAKEYS、VINNIE MOORE BAND)
・ピーター・ウィルダー(DARKANE、PESTILENCE、JAMES LEBRIE SOLO PROJECT)

このブログでも紹介した凄腕ブラストドラマーのデレク・ロディーや元アングラのアレキスなどそうそうたるメンバー!

そして結果は

続きを読む
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード
Google Translate
ギャラリー
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
moonlight
METAL世論調査
rakuten
Amazon
BLOGRANKING



広告
  • ライブドアブログ