アキラのMETAL MANIACS.

MANIACJUDOのGtアキラが綴るMETAL&多弦コラムと闘病記

2009年01月

《ネットからヤングギターへ》

知る人ぞ知る、というかYouTube等の動画サイトを見ていてギターを弾く方なら既にご存知の方も多いはず。狐のお面を被った凄腕ギタリストのKURIKINTON FOXさん、実は自分はあまりよく知らなくてたまに検索した関連動画で「おお~狐のお面を被った人が凄いギターを弾いてる!」と唸りつついくつか動画を見たりするくらいでした。

で、昨日書いた興味深いギタリストとは彼の事なんですがヤングギターを呼んでいるとなんとカラーページにあの狐のお面を被った人が出ているではありませんか。なんでも自主制作の1stアルバムを再編したものを全国発売するとの事で広告を出していました。さらには今月号にインタビューも掲載されていました。ネットでの活動からここまでくるとはたいしたもんです。今はこういった活動の仕方もあるんですね~。

YouTubeの動画
http://jp.youtube.com/watch?v=UyLxujpC59U KURIKINTON FOX - 幻想即興曲
http://jp.youtube.com/watch?v=SwxEOU6ACUw KURIKINTON FOX - Ride on sky
http://jp.youtube.com/watch?v=Yz3RF4AcY7s KURIKINTON FOX Clash on the Big Bridge

他にもたくさんありオリジナルの他、カヴァー曲もありますがテクニックはもちろんアレンジも凝っていて凄いの一言。

公式HPでも動画が見られますしMySpaceでは音源の一部を聴く事ができます。
公式HP http://kurikinton-fox.com/
MySpace http://www.myspace.com/kurikintonfoxmyspace

iTunes Storeでも配信するんですね~。こりゃ凄い。

ネット上には他にもたくさん活動している方がいますがこれをきっかけにこういった活動方法がどんどん世の中に広まれば良いですね。そのうちヤングギターのDVDにも出演してもらいたいものです。

《今月のヤングギター 記事篇》

b9f4a820.jpg
今月号の記事はギターだらけ!機材特集が盛りだくさん!巻頭のイングヴェイモデル、エクストリームのヌーノ、ウリ・ジョン・ロート、ホワイトスネイクのレブ・ビーチ、ダグ・アルドリッチ、デフ・レパードのフィル・コリン、ヴィヴィアン・キャンベル、スリップノットのジム、ミック、などなど!

注目はウリ御大のスカイギター。7弦と6弦1本ずつ紹介していましたが6弦ヴァージョンにはロボットギターでお馴染みの自動チューニングシステムが搭載されていました。そして忘れてはいけないのがスリップノットの二人。ジムはテレキャスにEMG,ミックはIbanezのシグネチュアモデルにダンカンのBlackoutsというもので珍しかったのはミックモデルにピックガード+HSH仕様というもの。これからはハーフトーンなどを使ったフレーズでもプレイするのでしょうか。

さらには今月はアーティスト・モデル最前線と題して有名ギタリストモデルとして販売されているギターを紹介しています。アーティストモデルというというだけで敬遠してしまう方もいらっしゃいますが各ギタリストがメーカーと協力して開発された高性能なギターもあるので侮れません。まぁ中にはルックスだけのモデルがあるので注意しないといけませんが・・・。

他にはガンズのギタリストのインタビューと奏法特集、変わったところではピック特集でアーティストピックの紹介からオリジナルピックを注文する専用用紙なんていうのもあります。これはなかなか面白い試みですね~。

あと少し興味深いギタリストの記事がありましたがこれについては後日書きたいと思います。

今月はギターだらけでついつい時間を忘れて見てしまいました。来月は何の特集で楽しませてくれるでしょうか。

《今月のヤングギター DVD篇》

419f6afe.jpg
ヤングギターを買ってきました。今月の表紙はイングヴェイで巻頭にはフェンダーから発売されるレリック仕様のイングヴェイモデルの特集があり数多くの写真で紹介されています。

DVDはダグ・アルドリッチ、アンセムの清水さんそれぞれのデモ演奏とリック、ポールギルバートのコメント、記事連動TRIC BOXとなっています。ダグ・アルドリッチのギタープレイは古くはライオン(懐かしい!)バッドムーンライジング、最近ではDIO、ホワイトスネイクと聴いてきましたが最近は以前に比べハードロック色が強くなった感じがします。今回のプレイも比較的シンプルですが華やかなフレーズが多いのでチャレンジしやすいと思います。(参考動画 http://jp.youtube.com/watch?v=dXr1TDzViBk)

清水さんの方は楽曲内のソロをきっちり考えて弾いているので覚えやすくチャレンジしやすいのではないでしょうか。(参考動画http://jp.youtube.com/watch?v=D1FcUX2vZuY)
それにしてもアンセム含めジャパメタの重鎮の方々はクオリティーが高いまま維持し続けてますよね~。いやぁ凄い。 http://jp.youtube.com/watch?v=_OA9xmbsfFg  

今月は記事も濃い内容になっておりますのでまた明日紹介したいと思います。

《Ibanezのカスタム7弦》

昨日の写真では分かり難かった例のカスタム7弦の大きな写真がsevenstring.orgにありました。

http://www.sevenstring.org/forum/extended-range-guitars/76080-the-new-ibanez-sr7viisc-bass-guitar-hybrid.html sevenstring.orgより

想像していたよりもベースそのものでナット幅や指板の幅も5弦ベースくらいでしょうか。まぁ説明にも5弦SRが元になっていると書いていましたし納得です。

それにしてもどういった演奏に使われるんでしょうか。弾いているところも見てみたいものです。

《待望の!!×2》

待ってました!と言わんばかりのシェクターの8弦ヘルレイザーの動画がありました。
http://jp.youtube.com/watch?v=h8GxxSWCjyU Schecter Hellraiser C-8 8 String Guitar

デモに使われているアンプがオールドタイプのマーシャルなので高温がキツイ感じですがやはり物凄い低音!もう少し色々なフレーズが聴いてみたいところですがクリーンサウンドも含めるとなかなか良いのではないでしょうか。これが約900ドルで手に入るわけですから羨ましい限りです。もう少しすれば実際に手に入れた人の動画もUPされる事でしょう。

もう一つの「待望」はIbanezの2009年のラインナップ。Ibanez.comの方からアクセスできます。
http://www.ibanez.com/new/
エレキギターはhttp://www.ibanez.com/new/products.aspx?cat=eg
この中で個人的に注目したいのはメイプル指板の7弦RG1527M http://www.ibanez.com/eg/guitar.aspx?m=RG1527M あったらいいなと思っていたメイプル指板の7弦ギターがついに登場。個人的にはSタイプのボディーが良かった気もしないでもありませんがこういったタイプの7弦が発表された事だけでも良いと思います。これに自作でピックガードをつけてもカッコ良くなりそう。

他にも固定ブリッジタイプのVAIモデルや落ち着いた感じのポールギルバートモデル、アンディー・ティモンズモデルの再発など興味深いラインナップとなっています。

Ibanez.co.jpのサイトではNAMM 2009のレポートがありました。
http://www.ibanez.co.jp/japan/news/show/namm2009/index.html
こちらには30.3インチスケールの7弦カスタムモデルが!5弦ベースにHi-B,HI-Eを追加との事ですがどういう使い方をするんでしょうね。他にも特別仕様のギター、ベースが盛りだくさん!やはり一度は生で見てみたいものです。

カスタム7弦は別としてあとはこのうちどれだけ日本で発売してくれるか・・・これが一番の問題ですね。

《NAMM09レポ選》

NAMM Show 2009のレポートが掲載されているページをいくつか集めてみました。自分としては今のところ気になる物は無いかな?といった感じですが主にDTM関連は新製品がたくさん発表されているようで特にCUBASE5は注目されているのではないでしょうか。

http://rm.weblogs.jp/sr/namm2009/index.html
サウンド&レコーディングマガジンのWEB版で会場からリアルタイムで更新しているとの事。主にDTM関連の製品が取り上げられています。

http://www.miroc.co.jp/show-report/namm2009/
楽器専門店Rock oNのレポートページです。こちらはYouTubeで動画のレポートもあるので必見です。
http://jp.youtube.com/user/RockoNCompany

同じくYouTube動画では
http://jp.youtube.com/watch?v=ZhzpS2ndYqY NAMM 2009 Vlog No. 1
ギブソンによるブースの様子でHD画質で視聴可能です。

http://jp.youtube.com/user/fagbladetmusikeren 
デンマークの楽器雑誌?の動画レポート。Ibanezブースの取材をしていますがベースのみ・・・。他の動画に期待したいと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=B7Z7DhI61iY Kerry King, Anaheim 1/15/09
おお!ケリー・キング!!マーシャルアンプのデモ演奏です。NAMMといえばこういったミュージシャンによるデモ演奏!いつかは生で見てみたいものです。おそらくこれから続々と動画がUPされる事でしょう。

とりあえず今回はここまで。また他に見つけたらまとめて紹介したいと思います。

《CGギターレッスン》

http://www.100shiki.com/archives/2009/01/3diperform_3d.html 百式より
3Dで確認しながらギターを学べる『iPerform 3D』

なんでもCGでできた演奏動画の視点を切り替えてフォームや運指をチェックできるというものだそうでサイト上では紹介動画でその様子をチェックできます。

http://www.iperform3d.com/
http://www.iperform3d.com/howitworks.aspx

CGは微妙ですがなかなか面白い試みですね~。教則DVDでは上からの映像なんてありませんしCGでしか見られない視点もあるので面白そうです。ただ残念ながら有料との事。まぁ一月で$29.95なら安いような・・・でも英語なのでちょっと厳しいですね・・・。

この技術を使えば武術やエクササイズなどの様々なレッスンに使えるかもしれません。実際自分が知らないだけで色々と利用されている事でしょう。個人的には現在泳ぎ方を改善中なのできれいな泳ぎ方のCGレッスンなんてあれば利用してみたいものです。

《もうすぐNAMM Show 2009》

http://www.dtmm.co.jp/archives/2009/01/namm_11.html DTMmagazineより
NAMMショーもうすぐ開幕

最新楽器見本市NAMM Show 2009がいよいよ明日から始まるとの事。今回の注目はやはりシェクターのダイヤモンドシリーズの8弦ギターでしょう。果たしてヘルレイザー1機種のみなのか、カラーヴァリエーションはあるのか気になります。

その他のメーカーでも8弦や多弦ギターが出品されないか気になるところ。特にNAMM Showでは小さいメーカーの出品もあるので注目したいです。去年はHALO GUITARSの10弦ギターの紹介の動画http://jp.youtube.com/watch?v=2Obs3imw2EY がUPされていた事ですし期待できるのではないでしょうか。

これから続々届くであろうレポートを期待して待ちたいと思います。

公式HP http://www.namm.org/thenammshow

《Behemoth始動!?》

去年のクリスマスに紹介したBehemoth http://jp.myspace.com/behemoth ですが今年にニューアルバムが発売されるんでしょうか?YouTubeにプリプロダクションの様子がUPされていました。
http://jp.youtube.com/watch?v=Kht_-R9SpdE Behemoth - Episode I - Preproduction 2009

デスメイクと豪快なヘッドバンギングのライブとは違い、ノーメイクで緻密な作業を行っている様子は別人のようですね~。こうやってスタジオの様子を見せてもらえるとアルバムがどれだけ手間を掛けて作られているのかよく分かります。新作について詳しい事はまだ分かりませんがこのプリプロだクションがどのような音源になるか楽しみに待ちたいと思います。

《なんとか回復》

体調が悪い時に病院に行った事が原因なのか分かりませんがこの2日間ダウン状態でした。病院で処方してもらった風邪薬がやたら眠くなる薬だったので薬を飲んでは寝るという事を繰り返していました。そのおかげでなんとか体調が戻りつつあります。

起きている間はギター製作について色々と浮かんだアイデアをメモしつつ発注の順番などを考えていました。今回はパーツや木材を作業工程ごとに発注して一回の注文が小額になるようにしようと思っています。まずはボディー材のマホガニーとメイプルを発注したいと思います。

YouTubeでこんなチャンネルがありました。
http://jp.youtube.com/user/Demolitiontattoo 
ギターの製作工程が詳しくUPされています。自分としてはバインディングの工程が参考になりそうです。

さ、あともう少し寝ましょうか。

Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
募金
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード
Google Translate
ギャラリー
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
moonlight
METAL世論調査
rakuten
Amazon
BLOGRANKING



広告
  • ライブドアブログ