アキラのMETAL MANIACS.

MANIACJUDOのGtアキラが綴るMETAL&多弦コラムと闘病記

2007年11月

《ギター作りいろいろ》

昨日の続きではありませんが関連動画でギター作りの動画がいくつかあったので紹介したいと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=3t1ph6h_Tyg Guitar building the fast way
アコギを作っているところを早送りで見られる動画です。こうやって見ると簡単に作っているように見えますが相当な技術が必要なはず。ボディの作り方など色んな発見がある動画です。この投稿者の他の動画から早送りしていない動画も見られます。

http://jp.youtube.com/watch?v=v_6eZOD_ZYY Building the OCC Guitar PREVIEW
こちらは剣型?のギターを作っている動画。作業をしている動画はありませんが作業内容はなんとなく分かります。木材でここまでできるとは・・・。こちらはダイジェスト版の動画ですが関連動画から3部構成に分けられたもう少し詳しい動画もあります。試奏の様子もありますが微妙・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=aW9n5P3ccro Building A Guitar Part One
http://jp.youtube.com/watch?v=d0udOZTs_bM Building a Guitar Part Two
http://jp.youtube.com/watch?v=x0ksef_DT4o Building A Guitar Part Three
こちらは3部構成に分けられたオークションで手に入れたジャンクなレスポールを再生する様子。塗装作業の様子は興味深いです。しかしあれだけ磨かないといけないものなのでしょうか。それを考えると塗装は難しそう・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=AhkPU9zslQk Jimmy Foster - Making an Archtop Guitar - Part 1
こちらはアーチトップのギターを作る様子ですがpart7まであるのでこちらhttp://jp.youtube.com/profile_videos?user=jazzguitarmaker&p=r から動画を見れば良いと思います。この動画もいかにも職人さんという人が作ってますね。ここまでくると工芸品のような感じがします。音も素晴らしい!しかも演奏しているのは7弦ジャズギター!思わぬ発見でした。

自分自身以前からギター作りに興味がありましたがこうやって動画を見るとますます興味が湧いてきます。まぁ時間もある事ですし作り方など調べてみて一度挑戦してみるのも良いかもしれませんね。作るとすればもちろんMETALなギターDEATHけど。

《大人の工場見学》

最近はビール工場見学等、大人が工場見学できる機会が増えてきているとか。工場見学と聞いて自分が真っ先に行きたいと思うのはギター工場!さすがになかなか行く事はできないので動画で行った気分になりたいと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=DzxV1_ZGj4w A tour in the GIBSON guitar Factory
まずはギブソンの工場。ネックをくるくる回したり普通におばちゃんが作業していたりなんかイメージが・・・。日本だとギタークラフトの専門学校でギターに構造を勉強した卒業生達が就職して作業しているイメージがあるんですけどこの動画を見るとパートのおばちゃんが一つの作業工程を行っているだけに見えるのは自分だけでしょうか。最近のギブソンはイマイチらしいけど作業の効率化の所為なんでしょうか。

http://jp.youtube.com/watch?v=aL9fUomMA8Y Fender Guitar Factory Tour
こちらはフェンダーの工場の様子です。大量に機械でボディが切り出されているところを見ると楽器というより工業製品のような感じがします。フェンダーのフラットなボディだと切り出した後積み上げて運べたり保管できたりするところはいかに大量生産に向いているかが分かる動画ですね。フェンダーはやたらとスケール等でサイズや角度を測っているのが目立ちます。ギブソンと比べてあまり悪い話を聞かないのはこういった品質管理のおかげなのかも?

http://jp.youtube.com/watch?v=Mmfu1hqIDuo&feature=related The Making of Martin Guitars - The Factory
こちらはマーチンのアコギ工場の様子。こちらは手作業が多い所為かいかにも楽器を作っている感じがします。まぁ品質の高さは価格に比例しますが・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=XAtjuqJ0wJ4 The Guitar Factory
こちらはおそらく個人工房の様子でしょうか?ベースを作っているおおまかな作業風景ですけどいかにも職人という人が作業していて良いですね~。

こうやって見てみるとギター作りは「丁寧さ」が大事なんだと思いました。

《市長も選挙》

大阪市では今日、新市長が決まったようですね。今の大阪市の借金や職員の厚遇問題などを見ると当然といえば当然でしょうけど。

一方高知では、

http://203.139.202.230/?&nwSrl=220292&nwIW=1&nwVt=knd 高知新聞より
高知市長選きょう告示 選挙人登録26万6395人

高知県知事選挙に加え、市長選も告示されました。投票日は同じ11月25日、一日で知事も市長も決まる重要な選挙になるので投票率も気になるところです。

しかし困った事に市長選の候補者も現職の市長に自民、民主、公明、社民党が推薦するという相乗り状態。現市長自体は評判も良く仕事もきっちりやっているだけに残念。推薦する党もそんなに勝ち馬に乗りたいものなのでしょうか。個人的には議会などでは違った意見が出る事で初めてまともな議論ができると思うんですが・・・。YESマンばかりで周りを固めるのは危険なような・・・。

まぁ投票日まであと1週間。あまり日にちはありませんが新聞などで政策を比較して投票に行きたいと思います。

《今月のヤングギター》

2679752d.jpg
昨日の続きです。

やはり個人的に注目したのはLOUDPARKのライブレポ!見たかったバンドばかり出演していたのでこれは正直見に行きたかった。記事によると若手バンドはもちろんベテラン勢がかなり頑張っていたようでHEAVEN AND HELLを筆頭にTESRA、FASTWAY、SAXONは「さすが」と言えるパフォーマンスだったようです。う~ん見たかった。
他のライブレポで気付きましたが自分が知らない間に興味あったバンド達が来日していたという事!KAMELOT、NEVER MORE、ANNIHILATOUR、HAREM SCAREM等など。特にHAREM SCAREMは解散をするとか。ギタリストのPete Lesperance(http://jp.youtube.com/watch?v=7PDZgXGyycI)は好きなギタリストのうちの1人なので少し残念。そのうちまた他で活躍してくれる事を期待します。NEVER MOREは来月号、ANNIHILATOURは再来月号のDVDでプレイを披露するとの事!これは楽しみ!

他の記事ではアイバニーズのギター特集やマーシャルの新製品特集がありましたが特に気になる物はないかな?あとはDVDと連動した奏法記事くらいでしょうか。

DVDはSynyster Gateと菰口氏は昨日書いた通りでSPOTLIGHT LIVE vol.5の模様が色んな意味で凄かった・・・。やはり若いというか日本のバンドというか時空海賊SEVENSEASなるバンド(参考動画http://jp.youtube.com/watch?v=dJIBDxTrI_g http://jp.youtube.com/watch?v=nAWn_HztpdE)などのヴィジュアル系は好みの問題でしょうが個人的には少し辛かった・・・。逆にヘヴィネスなCERBERUS(参考動画http://jp.youtube.com/watch?v=gA3BmlyD58g)は個人的に好みでした。好みの問題は別として技術的にはみんな上手い人ばかりで若いバンド達を一度に見られるのは面白かったです。

次号はNEVER MOREのJeff Loomis(参考動画http://jp.youtube.com/watch?v=b-ESkM2e21I)かぁ。これは楽しみ!

《先入観》

5784956d.jpg
今月もヤングギター買ってきました。今月は正直に言って買うかどうか迷いました。

今月号を手に取って見た印象はズバリ「若い!」表紙はAvenged Sevenfold(参考動画http://jp.youtube.com/watch?v=6H6mCZfWlYY&feature=related)のSynyster GateとZacy Vengeance(DVDはシニスターのみ)、付録DVDはシニスター、19歳のギタリスト菰口(こもぐち)雄矢、そしてヤングギターいちおしの若手バンドが出演するSPOTLIGHT LIVE vol.5の模様、と若い尽くし!

う~んと悩みつつLOUDPARKのライブレポやNEVER MOREのインタビューなど興味をそそる記事が目についたので購入しました。

今DVDを見ていますが19歳のギタリスト菰口氏はなかなか!プレイを見るまで「大丈夫なのか」という先入観にとらわれていましたが実際見てみないと分からないものですね。フュージョン風のプレイスタイルでスイープやタッピング、チキンピッキング等を織り交ぜた演奏は見事です。

とりあえず他の映像も先入観を持たずに見てみようと思うので続きはまた明日という事で。

《新たな8弦ギター動画》

そろそろ8弦ギターも出回ってきたようで動画もいくつか新たなものが追加されているようです。

http://jp.youtube.com/watch?v=MK0nWPnKWTo&feature=related 8 String Manne Custom Guitar Solid Body
少し音が小さいけどフィンガーピッキングによるプレイは珍しいですね~。8弦目を低音側に追加した場合はベース的なプレイも補えそうです。

http://jp.youtube.com/watch?v=ihLkJDrEMno Francesco Fareri - test Ibanez 8 string - guitar solo
知る人ぞ知る速弾き系ギタリストFrancesco Fareri がアイバニーズの8弦を弾いている様子です。やはり物凄い低音&物凄い速弾き!速弾き系のギタリストが8弦目を高音側に足す人が多いようですけどアイバニーズの8弦は低音側に足されているのが標準仕様なのでそのまま使用しているようですね。個人的にはやはり低音にプラスしたいところです。

これからもどんどん動画が追加され日本人の動画も追加されると面白くなりそうです。

Francesco FareriのHP http://www.francescofareri.com/main.html

《ロボットギター!》

今回は見た目がロボットのギターではなくて中身がロボットのギターです。

http://japanese.engadget.com/2007/11/12/gibson-robot-guitar/ Engadget Japaneseより

Gibson から、自分でチューニングするギター「Robot Guitar」登場

この自動チューニングシステム、以前YouTubeで見かけてhttp://jp.youtube.com/watch?v=WI934KFn1Ls面白いなぁと思っていましたが、ようやくそのシステムを組み込んだギターが発売されるようです。弦をポストに通してロックしてスイッチ1つ操作するだけで自動でチューニングしてくれるそうです。動画でペグが勝手に動いている様子が見られますがこれは面白い。10年ほど前にジミーペイジが自動チューニングシステムのギターhttp://japanese.engadget.com/2005/12/23/Transperformance-Performer/を使っていましたが、それはペグではなくブリッジの方で調節していたと思いましたが、ペグが自動に回るのはロボットっぽくて良いですねぇ。ただペグがデカイ!

ただ個人的には手動でチューニングする方が趣きがあって良いかな?音叉とかで基準音を聴いてそれに合わせてチューニング、自分の場合はピッキングが強いのでチューナーで合わせた状態で曲を弾くと若干音がシャープするのでそれを微調整したり試行錯誤するのも楽しいですし。でも自動チューニングは便利だしペグの動きも面白いしちょっとほしいかも?

とりあえずはギブソンから発売なのでお値段もそれなりでしょうがそのうち安くなったら検討したいと思います。

自動チューニングシステムのメーカーのHP http://www.tronical.com/home

ギブソンのROBOT GUITARのページ http://www.gibson.com/robotguitar/ 

《荒れた畑と荒んだ心》

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000018-mai-soci Yahoo!ニュースより
<ヒマワリ>80万本が3日間で丸裸 持ち帰り自由で…高知

ただただ絶句DEATH・・・。

まぁ持ち帰り自由と告知していたから持ち帰る分には問題無いんでしょうけど軽トラックの荷台に満載はいくらなんでも異常でしょう。この軽トラの人は何を思って大量に持っていったんでしょう?見物人がいる中で大量に刈り取るなんて普通の神経じゃ出来ないでしょうし。

そもそも持って帰る必要はあるんでしょうか?もし自分だったら「持ち帰り自由」と言われても持って帰らないだろうなぁ。これは感性の違いでしょうけど個人的にはこういう風に広大な土地一面に咲いている花はそのままの状態が一番感動するでしょうし、80万本のうち1本持って帰ったとして得られる感動は80万分の1以下でしょうし。どうせなら多くの人で感動を共有したほうが有意義でしょうしね。大量に持っていっちゃった人達はそういう気持ちになれないくらい心に余裕が無いというか周りが見えなくなっているという事でしょうか。

まぁ軽トラは別として大量に持っていった人とかはご近所に配る為かな?でも切った状態だからすぐに枯れるし花瓶を持ってなかったりするからおすそ分けされるご近所さんも複雑かも?どういう目的に持っていったにしろ有意義に使われている事を願うばかりです。

来年は自分も見に行ってみようかな?軽トラックに積む為にせっせとヒマワリを刈り取る人の表情を一度見てみたいものです。まぁ皮肉は置いておいて新聞の写真によると本当にここのヒマワリは見事だしイベント自体も好評なので一度行ってみる価値はありそうです。ただ今年の段階で渋滞が発生する盛況ぶりなので自分みたいな俄か者は控えてお子様や花が好きな人達に見てもらう方が良いのかもしれません。

《類は友を呼ぶ》

「友人の友人はアルカイダ」なんて事を言った人がいましたが、志向が似た人同士が仲良くなる事はしばしば起こる事。

今回はその特性を使ってMySpaceで良いミュージシャンを見つけました。
まずは好きなギタリストの1人でもあるメシュガーのFredrik ThordendalのMySpace http://myspace.com/fredrikthordendalsspecialdefects ここで例の動画 http://jp.youtube.com/watch?v=U5YEqmIIdj8の元の音源のSOL NIGER WITH IN  を聴く事ができます。こんな音源だったんですねぇ~。ちゃんとソロプレイもあるしヴォーカルらしき声も入ってるし、動画の演奏も好きですがこれはこれでカッコイイです。

で、ここにあるフレンドリストの中からフレンド達のページに移ると同じように音源を載せているミュージシャン達がいるので少しチェックしてみたら以前紹介したMats MorganのMySpace  http://www.myspace.com/matsmorganband  もありますが、Bulb (Absolomb Updated!!)  http://www.myspace.com/iambulb というミュージシャンの音源がかなり良い!このヘヴィさ、変拍子、テクニカルでテンションの高い演奏はかなり良い!これは自分自身影響受けそうです。動画での演奏も見られますがかなり凝った事をやっているようで、さら写真には8弦ギターも!やはり類は友を呼ぶという事でしょうか。

そしてBulbさんの所属しているバンドPERIPHERYのMySpace http://www.myspace.com/peripheryにも音源がありこちらもなかなか!リズムの取り方というかタイム感がメシュガーにも通じるところがあります。少しamazon等を検索してみましたがCD等の音源は発売していないようで・・・。これだけのクオリティの音源を作っているのにまだちゃんと世に出てないとは。

まだ他にもありそうですが今回はこの辺で。

しかしながら今回の音源を聴いてみて、やはりヘヴィなインストもアリだな、と再確認しました。

《寒い!》

ようやく11月らしい気温になってきました。いくら南国高知といえども寒いものは寒い!これからの季節、温水になったとはいえプールに通うのが厳しくなりそうです。今のところプールに通えば通うほど効果が見えてくるのでモチベーションは下がっていませんが・・・。

今までは週5日で1時間ほど運動していましたが、温水期間に入って使用料が高くなったので最近は1日おきに通って2時間ほど運動しています。運動自体も以前はウォーキング中心に運動していましたが現在は泳ぐのにも慣れてきて息継ぎもできるようになったのでウォーキングと半々の割合でウォーキングで飽きれば泳ぐを繰り返しています。

その成果はというと体重は1~2キロほどしか減っていませんが体は少し引き締まったようでズボンのベルトの穴1つ分サイズダウンしました。あと呼吸がラクになりました。普段少し動いたくらいで息が上がっていたのでほとんどなくなりました。

ただ良い事ばかりではないようで、平泳ぎで長時間泳いでいると股関節が痛くなるようになりました。平泳ぎは得意だったんですが最近は封印しています。

体力自体も増えた感じがするのであとは体重が減ってくれれば良いんですが、こればっかりは太る作用もある薬を飲んでいるので厳しいのかも?

Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Flag Counter
最新コメント
ad
アーカイブ
QRコード
QRコード
Google Translate
ギャラリー
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
  • 《新年のご挨拶&Ibanez(USA&EU)2020年モデル一挙公開》
METAL世論調査
rakuten
Amazon
BLOGRANKING



広告
  • ライブドアブログ