東日本の震災から3年が経ちこの時期になると急にテレビ番組や新聞で関連の特集が大々的に組まれていますね。

自分は普段から災害について知る事が大切だと思っているので時期に関係無く災害関連の番組は見るようにしているんですがこうやって特に民放で大々的に組まれる特集はちょっと違和感を感じてしまいます。

どこの局も取材している場所が同じで画一的というか当たり障りない情報が多かったり局側の意思(公的機関の批判とか)が透けて見えたり被災した方の意見も良い事も悪い事ももっと様々な意見があると思うんですがそれが出てこないんですよね。色々な情報を知る事によって現地に必要な事が分かったり災害対策に必要な事が分かったりすると思うんですけどあまりにも画一的過ぎます。

あと募金に関する情報もほとんど出てこない事にも違和感を感じます。まだまだ支援は必要ですし様々な支援方法があるにもかかわらず報道されてないんですよね。

Yahooのネット募金だと「東日本」で検索するとこれだけのものが出てきます。

http://donation.yahoo.co.jp/search/?query=%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC&page=1

こういったものをテレビで知らせるだけでも随分変わると思うんですが何故やらないんでしょうね。

多くの情報を扱うマスコミには知る事の大切さを学んでほしいものです。