いや~暑いですね~。ピークを過ぎたとはいえまだまだ暑い!

ここのところすっかり暑さにやられていましたがヤングギターはなんとか購入しています。

347dd5bf.jpg

今月号の表紙&巻頭特集はなんとトニー・アイオミ御大!先月の予告通り重鎮登場ですね~。楽しみな内容ですがまずはDVD。

今月のDVDのトレーラーはこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=RFKcM2KCePg YOUNG GUITAR 2013 Sep. Special DVD Trailer

先月号の予告の「死神」とはチルドレン・オブ・ボドムもアレキシ・ライホだったんですね~。そのアレキシ兄貴は発売中のアルバム「HALO OF BLOOD」からのリフ&ソロフレーズを披露。例によってちょっと速めのリックは速度を落としたプレイも収録されているのでフレーズを覚えるのに参考になります。誌面の方にはアルバムの何曲目にこのフレーズが使われているかも書かれているのでこれも参考になるでしょう。欲を言えば一曲通したデモ演奏もあると良いなと思いました。まぁその辺は既に決定している来日公演時の取材に期待!

そしてお次はこれまたヘヴィ系。ストーン・サワーのジョッシュ・ランドのデモ&リック。これがなかなかのヴォリュームで3つのデモ曲、それに対応したリック、更にはジョシュが行っているウォームアップフレーズも収録、更には使用ギター2本、今回使用したアンプについても語っているのでストーン・サワー好き、ジョシュ好きの型にはたまらないコンテンツだと思います。ただ一つ注意が必要なのがチューニング。前言一音半下げや更に6弦のみ一音下げたドロップチューニングのフレーズもあるので普段レギュラーチューニングで使っているギターだとダウンチューニングに対応した弦に交換する必要があると思います。

お次は待ってましたと言いたくなるアンプ弾き比べ特殊。今回はDEENの田川伸治氏が小型の真空管アンプヘッドを弾き比べています。DEENというとポップなイメージですが田川氏は幅広いフレーズが演奏できるのでそれぞれのアンプのクリーン、クランチ、ディストーション毎に適したフレーズを弾いているので各アンプの特色が分かりやすいものになっています。それと今回は以前のような音源のみではなく動画で実際につまみをいじりながら弾いているのもアンプの特色が分かって良いと思いました。

比較したアンプは

Blackstar/HT STUDIO 20HT   
Egnater/Tweaker-40   
ENGL/Ironball E606   
Hayden/MoFo 30   
Hughes & Kettner/TubeMeister 36 Head   
JET CITY AMPLIFICATION/JCA22H   
Marshall/DSL-1H   
MESA/BOOGIE/Mini Rectifier 25 Head   
Taurus/StompHead 4.High Gain

この中で個人的には以前このブログでも紹介したTaurus/StompHead 4.High Gainが良い感じでした。ストンプヘッドというペダルタイプのアンプというのも持ち運びに便利ですしね。ただお値段は13万円するみたいなので手が出ませんけど。

今月号はまだまだ続きます。お次はロバート・マルセロによるローランドの新しくなったCUBEアンプのCUBE-80GXの紹介。ローランド製品のデモですっかりお馴染みになった凄腕ギタリストのロバート・マルセロ丁寧に分かりやすく製品の機能を説明&デモ演奏をしています。

が、

個人的には製品よりもロバート・マルセロのテクニックに目が行ってしまったのでした。

最後はレイジのヴィクター・スモールスキから「ヤングギターのDVDに使って」と送られてきた音声ファイルなんだそうでそれをエクササイズフレーズとしTAB譜と解説で習得する記事連動のコンテンツになっています。プロのレコーデイング環境で収録された音声なので非常にクリアで分かりやすかったです。今後こういう講座も良いかもしれませんね。

という事で今月はかなりのヴォリュームでした。記事の方はトニー・アイオミ御大のインタビューもありますし非常に楽しみです。

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2013年 09月号 YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2013年 09月号
価格:¥ 980(税込)
発売日:2013-08-10
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。