結構な時間を掛けてしまいましたが何とか目的の深さまで掘る事ができました。

d88d23b0.jpg

マホガニーの部分は2mmだけ掘り下げました。ここに幅約6mmのバインディングが巻いて余った所は削りとる事になるので本当はアーチ加工を行った後にバインディングチャンネル加工を行えば少ない手順でできるんですけどアーチ加工をしてしまうとルーターベースを水平に保つ事ができないので今の手持ちの工具では加工できないんですよね・・・。

海外ではこんな道具もあります。

http://www.stewmac.com/shop/Bindings,_trim/TrueChannel_Binding_Routing_Jig.html?tab=Pictures#details

46b245d7.jpg

トリマーを水平に保って固定しておいてボディーを動かしてバインディングチャンネルを加工するというもの。これならアーチが付いていても問題ありませんしドレメルよりパワーのあるトリマーで加工するので時間も掛からないでしょう。その分危険も増しますけど。

次はボディーに3°の傾斜を付ける加工ですが自分が考えているボール盤に3°の傾斜プレートを取り付けてディスクサンダーでボディーを削るという方法は果たしてうまくいくんでしょうか。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

↑よろしければブログランキングにご協力お願いします。