今年のNAMM SHOW 09で披露されたIbanezの7弦ハイブリッドベースSR7VIISCが7月に発売する事をゴア爺さんに教えていただいて以来、詳しい情報がないかと定期的に検索していましたがいつの間にかIbanezのサイトに詳しい情報が掲載されていました。

http://www.ibanez.co.jp/japan/news/f_products/2009/SR7/index.html

ほほう~あくまでベースでギターの音域を侵食しようというアプローチのモデルなんですね~。30インチスケールはムスタングベースのようなショートスケールのベース、バリトンギターのようなギターのどちらも対応できるスケールですからどちらに主軸を置くか興味深かったんですがこれはなかなか面白いではありませんか。

YouTubeで実際に弾いている動画がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=3ezuPRHCpl0 Ibanez SR7VIISC Bass Guitar Shakes The Anaheim NAMM Convention Center

おお~!!なんとも言い難いベースともギターとも違った印象。サウンドはまさにベースの音ですがこれはセッティング次第でどうにでもなるでしょうね。ラインセレクターでクリーンはベース用のセッティング、歪みはギター用のセッティング、といった具合に切り替えて時には両方のセッティングを同時に鳴らしたり・・・う~ん夢が広がりますね~。考えたらわくわくしてきました。

店頭にあれば試奏してみたいと思うんですが取り扱い店舗を見てみると・・・高知が無い!当たり前ですが残念!!しかもレギュラーモデルではなく今回のみのスポットモデルなので今回を逃すと中古以外は手に入らないという・・・。でもこれがきっかけになってハイブリッドベースという楽器のスタイルが確立されるとまた違った機種も発売されるでしょうから盛り上がってくれる事を期待したいと思います。