タイトルだけ見るとビックリしますが本当に真っ二つなんです。レスポールの構造について検索していたらイケベ楽器のサイトにレスポールが真っ二つになった写真がありました。

http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/ike_hist58_59/koh-zoh_kenkyu.html
 イケベ楽器より

3ピックアップのレスポールカスタムが真っ二つ!Gibsonから提供されたとの事ですが高価なヒストリックコレクションのレスポールをこのようにしてしまうとは・・・。でも構造が良く分かるので自分としてはありがたい限りです。

一番上の全体の写真ではレスポールがトップとバック二つの木材が貼り合わされているのがよく分かります。さらに丘のように盛り上がっているアーチ加工もよく分かりますね~。

ネック部の写真ではシリアルナンバーを管理する為のマイクロチップが埋め込まれている事にも驚きましたが、ネックのジョイント部分に角度が付いているのが分かるでしょうか。この部分が気になっていたので見る事ができて良かったです。

それにしても見れば見るほど手の込んだギターですね~。販売ページhttp://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/ike_hist58_59/index.htmlで値段を見てさらにビックリ!高い物で70万円!それだけ品質が良いという事でしょうか。これだけ高いと気軽に弾くのは難しいかも・・・。

イケベ楽器のサイトには他にもNAMMショーのレポートのページもあります。
http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/09namm-show/index.html
他のページも買い物をしない方でも楽しめるようになっているので時間がある方はアクセスしてみてはいかがでしょうか。